スマートタグを使用する

スマートタグは、Writer ドキュメントで指定された単語に追加の情報や機能を提供します。使用できる機能は、スマートタグのさまざまな機能によって異なります。

スマートタグのインストール

スマートタグは、LibreOffice Writer の 拡張機能 として提供されます。

スマートタグをインストールするには、次のいずれかの操作を行います。

「スマートタグ」メニュー

Any text in a Writer document can be marked with a Smart Tag, by default a magenta colored underline. You can change the color in - LibreOffice - Application Colors.

スマートタグをポイントすると、Ctrl キーをクリックして、「スマートタグ」メニューを開くように知らせるヒントヘルプが表示されます。マウスを使わない場合は、マークされたテキストにカーソルを置き、Shift + F10 キーでコンテキストメニューを開きます。

「スマートタグ」メニューには、このスマートタグに定義された使用可能な操作が表示されます。このメニューからオプションを選択します。スマートタグオプション コマンドにより、「ツール」→「オートコレクトオプション」の スマートタグ ページが開きます。

スマートタグを有効または無効にする

1 つ以上のスマートタグ拡張機能をインストールしてある場合は、ツール → オートコレクトオプションスマートタグ ページが表示されます。このダイアログを使用して、スマートタグを有効または無効にして、インストールしたタグを管理します。

注マーク

スマートタグとして認識されるテキストは、自動スペルチェックによってチェックされません。


ご支援をお願いします!