相互参照の挿入

相互参照は、ドキュメント内に設定した特定の段落やオブジェクトにジャンプするための機能です。相互参照の設定は、ターゲットとなる参照先を指定した上で、呼び出し元となる参照をフィールドの形でドキュメント上に挿入します。

ターゲットとしては、テキストマークやキャプションの付いたオブジェクトを使用できます。

テキストへの相互参照の作成

相互参照を挿入するには、あらかじめテキスト中にターゲットを指定しておく必要があります。

ターゲットを挿入する

  1. 相互参照のターゲットとするテキストを選択します。

  2. メニュー 挿入 → 相互参照 を選択します。

  3. フィールドタイプリストで「参照の設定」を選択します。

  4. ボックス 名前 に、ターゲットの名前を入力します。先に選択しておいたテキストが、ボックス に表示されます。

  5. 挿入をクリックします。ターゲットの名前が選択リストに追加されます。

このダイアログは開いたままにして、次のセクションの手順を行います。

ターゲットへの相互参照を作成する

  1. テキスト上で、相互参照を挿入する位置にカーソルを置きます。

  2. ダイアログが開いていない場合は、挿入 → 相互参照 を選択してダイアログを開きます。

  3. リスト フィールドタイプ で、「参照の挿入」を選択します。

  4. リスト 選択 で、相互参照させるターゲットを選択します。

  5. In the Refer using list, select the format for the cross-reference. The format specifies the type of information that is displayed as the cross-reference. For example, "Reference" inserts the target text, and "Page" inserts the page number where the target is located. For footnotes the footnote number is inserted.

  6. 挿入 をクリックします。

  7. 必要な設定が終了すれば 閉じる をクリックします。

オブジェクトへの参照の作成

ドキュメント内に配置された画像、図形描画オブジェクト、OLEオブジェクト、表などに対しても相互参照を作成できますが、その場合はキャプションが設定されている必要があります。オブジェクトにキャプションを付けるには、オブジェクトを選択してから、メニュー 挿入 → キャプション を選択します。

  1. ドキュメント上の相互参照を挿入する位置にカーソルを移動します。

  2. メニュー 挿入 → 相互参照 を選択します。

  3. リスト フィールドタイプ で、該当するオブジェクトのキャプションのカテゴリーを選択します。

  4. リスト 選択 で、相互参照するキャプションを選択します。

  5. In the Refer using list, select the format of the cross-reference. The format specifies the type of information that is displayed as the cross-reference. For example, "Reference" inserts the caption category and caption text of the object.

  6. 挿入 をクリックします。

  7. 必要な設定が終了すれば 閉じる をクリックします。

相互参照の情報の更新

文書内の相互参照情報を手動で更新するには、メニューから ツール - 更新 - フィールド を選ぶか F9 を押してください。

ヒント

Choose View - Field Names to switch between viewing the reference names and the reference contents.


相互参照の変更

ナビゲーターを使ったハイパーリンクの挿入

ハイパーリンクを挿入する

ご支援をお願いします!