特定の単語に対するハイフネーションの禁止

テキストに 自動的にハイフンが付けられて、特定の単語が適切に表示されない場合や、特定の単語にハイフンを付けたくない場合は、これらの単語のハイフネーションをオフにできます。

  1. Choose - Language Settings - Writing Aids

  2. リスト ユーザー辞書で辞書を選択して、編集 をクリックします。

    このリストが空の場合は、新規作成 をクリックして辞書を新規作成します。

  3. ハイフネーションの対象外とする単語をボックス 単語 に入力して、たとえば「pretentious=」のように、末尾にイコール記号 (=) を付けます。

  4. 新規作成 をクリックして、閉じる をクリックします。

tip

特定の単語をハイフネーションの対象外とするには、該当する単語を選択してからメニュー 書式 → 文字 を選択して フォント タブをクリックし、ボックス 言語 で [なし] を選択すると、簡単に設定できます。


いくつかの単語は、LibreOffice がハイフンとして扱う特殊文字を含みます。もしそれをハイフンにしたくなければ、挿入された箇所ではハイフネーションを避けるような特別なコードを挿入することができます。次のように操作します:

  1. Enable the special features of complex text layout (CTL) languages: Choose - Language Settings - Languages and check Enabled for complex text layout (CTL). Click OK.

  2. カーソルをハイフネーションすべきでない場所に置きます。

  3. Choose Insert - Formatting Mark - Word Joiner.

    特殊文字が挿入されると、すぐ CTL をまた無効にしてもかまいません。CTL のサポートはその特殊文字を挿入するためだけに必要でした。

ご支援をお願いします!