自動スペルチェック

LibreOffice には、ユーザーのテキスト入力時にスペルチェックを自動的にかける機能および、スペルミスの疑いのある単語に下線 (赤い波線) を付ける機能が用意されています。

テキスト入力時に自動スペルチェックを行う

  1. ツール - 自動スペルチェックを選択します。

  2. 下線 (赤い波線) を付けられた単語を右クリックして、修正候補のリストないし オートコレクト サブメニューから置き換える単語を選択します。

If you choose a word from the AutoCorrect submenu, the underlined word and the replacement word are automatically added to the AutoCorrect list for the current language. To view the AutoCorrect list, choose Tools - AutoCorrect - AutoCorrect Options, and then click the Replace tab.

また、下線を付けられた単語をユーザー辞書に登録するには、追加 を選択します。

特定の語句をスペルチェックの対象から除外する

  1. 除外する単語を選択します。

  2. ステータスバーの「言語」コントロールをクリックすると、メニューが開きます。

  3. Choose "None (Do not check spelling)".

ユーザー辞書の作成

オートコレクトリストへの例外の追加

スペルと文法のチェック

ご支援をお願いします!