入力中に番号付けや箇条書きリストを自動処理させる

LibreOffice では、ユーザーによるテキスト入力時に、番号付けや箇条書きのシンボルを自動挿入させることができます。

番号付けや箇条書きのシンボルを自動的に挿入させる

  1. ツール → オートコレクトオプションを選択し、オプションタブをクリック、「番号付け記号の適用」を選択します。

  2. Choose Tools - AutoCorrect, and ensure that While Typing is selected.

ヒント

自動番号付けオプションは、「標準」、「本文」、または「本文インデント」段落スタイルで書式設定されている段落にだけ適用されます。


入力中に番号付けや箇条書きリストを自動処理させる

  1. 番号付けリストを始めるには、1. か i. か I. のいずれかを入力します。箇条書きリストを始めるには、* ないし - を入力します。また番号付けリストの場合は、1) や i) のように、ピリオドの代わりに右側のかっこを使うこともできます。

  2. 半角スペース記号を 1 つ挿入してから、必要なテキストを入力して、Enter キーを押します。次の段落には自動的に、番号付けリストの連番や箇条書きのシンボルが表示されます。

  3. リストの作成を終えるには、再度 Enter キーを押します。

注マーク

番号付けリストの開始番号は、ユーザーが指定できます。


Changing the List Level of a List Paragraph

ご支援をお願いします!