オプション

Specifies properties for the selected object, graphic or frame.

このコマンドの見つけ方

Choose Format - Image - Properties - Options tab.

Choose Format - Frame and Object - Properties - Options tab.

Choose View - Styles -open context menu Modify/New - Options tab.

Choose Insert - Frame - Frame - Options tab.


名前

選択したオブジェクト、図、または枠の名前と、関連する連結を指定します。

名前

選択項目の名前を入力します。

ヒント

選択したオブジェクト、図、または枠の補助的な名前を入力します。長いドキュメントにおいて通常の名前だけでは区別できない場合、すばやく見つけられる名前にします。


代替テキスト(浮動フレーム、グラフィック、およびオブジェクトのみ)

選択項目の本体がWebブラウザーで表示できない場合の、代替表示用テキストを入力します。この代替表示用テキストは、視覚に障害のあるユーザーを補助する際にも用いられます。

連結元

現在の項目 (オブジェクト、図、枠) の前に連結されている項目 (連結元)が表示されます。連結元を追加または変更するには、リストから該当する項目名を選択します。枠の間で連結を設定する場合は、両方の枠は空である必要があります。

連結先

現在の項目 (オブジェクト、図、枠) の次に連結されている項目 (連結先) が表示されます。連結先を追加または変更するには、リストから該当する項目名を選択します。枠の間で連結を設定する場合は、両方の枠は空である必要があります。

保護

選択した項目 (オブジェクト、図、または枠) の保護オプションを指定します。

内容

選択項目の内容変更を禁止します。

選択した項目の内容をコピーすることは可能です。

位置

現在のドキュメントでの選択項目の位置を固定します。

サイズ

選択項目のサイズを固定します。

プロパティ

ここでは、図、枠、オブジェクトの保護に関するオプションを設定します。

読み取り専用ドキュメント内で編集可能 (枠の場合のみ)

読み取り専用 (書き込み保護) のドキュメントでも、枠の内容を編集できるようにします。

印刷

ドキュメントの印刷時に、選択項目も印刷させます。

体裁

枠の文字方向を指定します。文字方向をページの標準設定と合わせる場合は、リストから 周りのテキストの文字方向に合わせる を選択します。

Content vertical alignment

Specifies the vertical alignment of the frame's content. Mainly it means text content, but it also affects tables and other objects anchored to the text area (anchored as character, to character or to paragraph), for example frames, graphics or drawings.

文字の方向

ご支援をお願いします!