輪郭エディター

選択したオブジェクトの輪郭を編集します。編集した輪郭は、LibreOffice によって、オブジェクトのテキストの折り返しオプションを判定する際に適用されます。

輪郭のプレビューを表示します。

このコマンドの見つけ方

Choose Format - Wrap - Edit Contour.


適用

選択中のオブジェクトに、輪郭を設定します。

アイコン

適用

Workspace

編集した輪郭を削除します。ここをクリックして、プレビュー範囲の内部をクリックします。

アイコン

Workspace

選択

選択モードに切り換えます。選択モードでは輪郭を選択できます。

アイコン

選択

四角形

四角形の輪郭を描画します。四角形のサイズは、オブジェクトのプレビュー上をドラッグすることで指定します。Shift キーを押しながらドラッグすると、正方形が描画されます。

アイコン

四角形

楕円形

楕円の輪郭を描画します。楕円のサイズは、オブジェクトのプレビュー上をドラッグすることで指定します。正円を描画するには、Shift キーを押した状態でドラッグします。

アイコン

楕円形

多角形

複数の直線からなる多角形の輪郭を描画します。多角形の始点とする位置をクリックしてドラッグすると、最初の直線セグメントが描画され始めます。クリックするごとに直線セグメントの終点が確定されるので、クリックを繰り返して残りの直線セグメントを指定してゆき、目的とする多角形を描画します。最後にダブルクリックをすると、多角形の形状が確定され、閉じた輪郭になります。なお、Shift キーを押しながらクリックすると、直線セグメントの方向が 45 度単位に制限されて描画されます。

アイコン

多角形

制御点の編集

輪郭の制御点を編集します。ここをクリックして、輪郭の制御点をドラッグします。

アイコン

制御点の編集

制御点の移動

ユーザーによる制御点の編集を行います。輪郭の形状は、個々の制御点をドラッグすることで変更できます。

アイコン

制御点の移動

制御点の挿入

輪郭の制御点を挿入します。輪郭の形状は、個々の制御点をドラッグすることで変更できます。ここをクリックして、輪郭の線の部分をクリックします。

アイコン

制御点の挿入

制御点の削除

輪郭の制御点を削除します。ここをクリックして、削除する制御点をクリックします。

アイコン

制御点の削除

オート輪郭

オブジェクトを囲む輪郭を自動的に描画します。この輪郭は、ユーザーによる編集が行えます。

アイコン

オート輪郭

元に戻す

最後に行った操作を取り消し、実行前の状態に戻します。

アイコン

元に戻す

やり直し

最後に実施した 元に戻す コマンドの結果を取り消して、該当する操作を再実行させます。

アイコン

やり直し

色の置換

ビットマップの同色部を選択します。ここをクリックして、それからビットマップ内をクリックします。選択する色の範囲を広げるには、色の許容 ボックスの値を増やします。

アイコン

色の置換

色の許容

スポイトで選択する色の範囲をパーセント比で指定します。この値が大きいほど、選択される色の範囲が広がります。

ご支援をお願いします!