枠を挿入します。枠を使用すると、テキストやオブジェクトを段組み表示にすることができます。

このコマンドの見つけ方

メニュー 挿入 → 枠

Choose Format - Frame and Object - Properties

挿入 ツールバーを開いてクリック

アイコン

枠の手動挿入


To edit a frame, click the border to select it, and then choose Format - Frame and Object - Properties. You can also resize or move a selected frame using special shortcut keys.

枠を削除するには、枠の境界をクリックして、Delete キーを押します。

枠内のテキストの先頭または末尾に小さな赤色の矢印が表示された場合、矢印キーで残りのテキストをスクロールできます。

ダイアログ のプレビュー範囲では、緑色の四角形は枠を表し、赤色の四角形は (配置の) 基準を表します。

アンカー を「文字として」に変更すると、プレビューの見方も変わります。位置基準が「基線」の場合、赤色の線は文字が並ぶ基準となる線を表します。「文字」の場合、赤色の四角形は文字の高さを表し、「行」の場合、赤色の四角形は行の高さ (枠を含む) を表します。

種類

Specifies the size and the position of the selected object or frame on a page.

オプション

Specifies properties for the selected object, graphic or frame.

折り返し

Specify the way you want text to wrap around an object. You can also specify the spacing between the text and the object.

ハイパーリンク

Specify the properties of the hyperlink for the selected graphic, frame or OLE object.

枠線

Writer または Calc で選択したオブジェクトの枠線オプションを設定します。

Area

背景色または図を設定します。

段組み

各種の段組み表示 (ページスタイル、枠、セクション) において、段数その他の表示レイアウトを指定します。

マクロ

Specifies the macro to run when you click an image, frame, or an OLE object.

Reset

Resets changes made to the current tab to those applicable when this dialog was opened.

挿入 ツールバー上のアイコン:

ドキュメント上でのドラッグにより、枠を挿入します。枠の段数は、アイコンの横にある矢印をクリックして指定します。

アイコン

枠の手動挿入

ショートカットキーの使用法 (LibreOffice Writer のユーザ補助機能)

Inserting, Editing, and Linking Frames

ご支援をお願いします!