項目 (索引)

索引の項目の書式を設定します。

このコマンドの見つけ方

メニュー 挿入 → 目次と索引 → 目次と索引 → 項目 タブ(選択された種類が索引の場合)


レベル

定義するレベルを選択します。

レベルの「S」は、索引をアルファベット (あいうえお) 別に分割する際の 1 文字の見出し (single letter headings) を意味します。この見出しを使用するには、エリア 書式 でチェックボックス アルファベット分類文字 をオンにしておく必要があります。

構成および書式設定

構成 行は、索引の項目の構成を定義します。項目の外観を編集するために、この行の空のボックスにコードやテキストを入力できます。空のボックスやコードをクリックしてから、コードボタンをクリックしても編集できます。

項目テキスト (E)

章見出しのテキストを挿入します。

タブ (T)

タブストップを挿入します。タブストップにリーダードットを挿入するには、ボックス リーダー で使用するキャラクターを選択します。タブストップの位置を変更するには、ボックス タブ位置 に値を指定するか、チェックボックス 右揃え をオンにします。

章の情報

章見出しや章番号など、章の情報を挿入します。表示する情報を、ボックス 章項目 で選択します。

章項目

索引の項目に表示する章の情報を選択します。

次のレベルまで適用

作成された索引項目内で示されたオブジェクトまで最大階層をレベルダウンします。

ページ番号 (#)

項目のページ番号を挿入します。

文字スタイル

構成 行の選択部分に適用する書式スタイルを指定します。

編集

選択した文字スタイルの編集用ダイアログを表示します。

リーダー

使用するタブリーダーを選択します。

タブ位置

ページの左余白からタブストップまでの間隔を入力します。

右揃え

タブストップの位置をページの右余白に揃えます。

書式

構成行上で E# ボタンをクリックすると見えるだけです。分離記号のあるなしに関わらず章番号を示すために選択します。

次のレベルまで適用

作成された索引項目内で示されたオブジェクトまで最大階層をレベルダウンします。

タブ位置は段落スタイルのインデントから

タブストップの位置を、見出し スタイル で指定した段落スタイルの「左インデント」値を基に配置します。これを指定しない場合、タブストップの位置は、テキストの左余白を基準に配置されます。

主項目の文字スタイル

索引の主項目の書式を指定します。1 つの索引項目を主項目に変換するには、ドキュメント内のインデックスフィールドの前をクリックして、メニュー 編集 → 目次と索引の項目 を選択します。

アルファベット分類文字

索引項目の先頭文字を、読み順に並べた索引の分類見出しとして使用します。

コンマ付きで連続表示

コンマで区切って、索引の項目を同一行に並べます。

ご支援をお願いします!