索引

索引の種類として図の索引を選択した場合は、下記のオプションを指定できます。

このコマンドの見つけ方

Choose Insert - Table of Contents and Index - Table of Contents, Index or Bibliography - Type tab (when Illustration Index is the selected type)


種類とタイトル

索引の種類とタイトルを指定します。

種類

Select the type of index that you want to insert or edit. The options available on this tab depend on the index type that you select. If the cursor is in an index when you choose the Insert - Table of Contents and Index - Table of Contents, Index or Bibliography, you can then edit that index.

肩書き

選択した索引のタイトルを入力します。

任意変更から保護

索引の内容の変更を禁止します。>手作業で変更した箇所は、索引を更新すると消去されます。 保護範囲にカーソルを入れる場合は、 → LibreOffice Writer → 書式サポートを選択し、保護範囲へのカーソル進入許可する チェックボックスをオンにします。

Create Index or Table of Contents

For

索引を作成する対象をドキュメント全体とするか、現在の章だけとするかを指定します。

内容

索引に取り込む情報を指定します。

キャプション

索引の作成対象を、個々のオブジェクトに設定したキャプションとします。オブジェクトにキャプションを付けるには、オブジェクトを選択して、挿入 → キャプション を選びます。

グループ名

索引を作成するキャプションのカテゴリーを選択します。

表示

キャプションの表示内容の中で、索引の項目とする部分を選択します。 下記の一覧は、指定可能なキャプションのオプションをまとめたものです。この例ではキャプションの表示内容を「図 24: 太陽」とし、「図 24」は自動的に挿入される部分、「太陽」はユーザーが入力したテキストとしています。

リストボックスでの選択

索引内の表示

すべて

図 24:太陽

カテゴリと番号

図 24

キャプション

太陽


「キャプションのテキスト」を選択した場合、キャプションの頭にくる分類表示と番号は、索引の項目には表示されません。

オブジェクト名

索引の作成対象を、個々のオブジェクト名にします。オブジェクト名は、ナビゲーターなどに表示される名前であり、必要であればコンテキストメニューで変更できます。

ご支援をお願いします!