ドキュメント

Fields are used to insert information about the current document, for example, file name, template, statistics, user data, date, and time.

このコマンドの見つけ方

メニュー 挿入 → フィールド → その他 → ドキュメント タブ


注マーク

日付と時刻フィールドの HTML インポートおよびエクスポートを行う際は、特別な LibreOffice 書式が適用されます。


種類

使用可能なフィールドタイプが、リスト中に一覧されます。ドキュメント中へフィールドを挿入するには、フィールドタイプを選択してから、選択 リスト中のフィールドを選択して、挿入 をクリックします。使用可能なフィールドタイプとしては、次のものが用意されています。

種類

説明

ユーザー

現在のユーザー名を挿入します。

章番号と章名の挿入。

日付

現在の日付を挿入します。日付には、自動更新されない「日付 (固定)」と、自動的に更新される「日付」の 2 種類が用意されています。「日付」を手作業で更新するには、F9 キーを押します。

ファイル名

ファイル名と現在のドキュメントの索引パスの挿入、および拡張子なしのファイル名の挿入。

ページ

現在のページ、または前後のページ番号の挿入。

差出人

Inserts fields containing user data. You can change the user-data that is displayed by choosing - LibreOffice - User Data.

統計

ドキュメントに、ページ数や語数といったドキュメントの統計値をフィールドとして挿入します。ドキュメントの統計値を見るには、 ファイル → プロパティを選んでから、見出し統計をクリックします。

ドキュメントテンプレート

現在使用しているテンプレートのファイル名やパス、拡張子無しのファイル名を挿入します。カテゴリーやスタイル形式の名前も挿入できます。

時刻

現在の時刻を挿入します。時刻には、自動的には更新されない「時刻(固定)」か、自動的に更新される「時刻」のどちらかを選択できます。自動的には更新されない「時刻(固定)」を手作業で更新するには、F9 キーを押します。


注マーク

次のテキストボックスは、該当するフィールドタイプを選択したときにだけアクティブになります。


選択

フィールドタイプ リストでの選択項目に属するフィールドが一覧されます。使用するフィールドを選択してから、挿入 をクリックすると、ドキュメント中に挿入されます。

ヒント

To quickly insert a field from the list, hold down and double-click the field.


フィールド

機能

前のページ

前ページのページ番号の挿入。

次のページ

次ページのページ番号の挿入。

ページ番号

現在のページ番号の挿入。


書式 では、ページ番号に使用する数字の書式が選択できます。テキストの書式では テキストボックスに任意のテキストが入力できます。

必要であれば、表示されるページ番号の 修正 も入力できます。修正 値が 1 の場合、このフィールドには、現在のページ番号よりも 1 ページ多い番号が表示されます。ただし、1 ページ多い番号が表示されるのは、そのページ番号が存在する場合のみです。したがって、ドキュメントの最後のページでは、(1 ページ多いページ番号が存在しないため)、このフィールドは空になります。

修正

ここには、ページ番号のフィールドに適用するオフセット値 (補正値) を「+1」のような形式で入力します。

ヒント

表示されている番号ではなく、実際のページ番号を変更する場合は、オフセット 値を使用しないでください。ページ番号を変更するには、ページ番号 ガイドを参照してください。


書式

選択したフィールドに適用する書式を選択します。「その他の書式」をクリックすると、書式をユーザー定義できます。

日付と時刻フィールドには、所定の書式に加えて、独自の書式も定義できます。このためには、その他の書式 をクリックします。すると、ダイアログ 数の書式 が開きます。

If you choose "Chapter number without separator" for a chapter field, the separators that are specified for chapter number in Tools - Chapter numbering are not displayed.

参照フィールドでは 書式 で章番号が選択できます。この操作を行うと、参照するオブジェクトの章番号が参照フィールドに表示されます。現在の章レベルが番号付けされていない場合は、番号付けされている上位レベルをLibreOffice Writer が検索して章番号を設定します。

連番への参照が行われている書式を選択できます。オプションは次のとおりです。

カテゴリと番号

この書式は、段落の始めから連番フィールドの直後までのすべてを対象にします。

キャプションのテキスト

この書式は、連番フィールドの後ろから段落末までのテキストを対象にします。

番号

この書式は参照番号のみを対象にします。


内容の固定

フィールドの表示内容を固定させます。この指定を付けて挿入されたフィールドは、表示内容を更新しません。

レベル

選択したフィールドに含める章の見出しレベルを選択します。

日・分の修正

ここには、日付や時刻のフィールドに適用するオフセット値 (補正値) を入力します。

ユーザー定義フィールドに追加する内容を入力します。

ご支援をお願いします!