間隔

Use this dialog to determine the spacing between formula elements. The spacing is specified as a percentage in relation to the base size defined under Format - Font Size.

このコマンドの見つけ方

メニュー 書式 → 間隔...


Spacing Dialog

分類 ボタンをクリックすると、間隔を指定する数式要素が選択できます。選択した分類によって、表示されるダイアログの内容が異なります。変更できる間隔は、プレビューウィンドウで確認できます。

分類

このボタンでは、間隔を変更させるカテゴリを選択できます。

間隔

変数と演算子の間隔、行と行の間隔、ルート記号とその中の数字の間隔を指定します。

間隔

Defines the spacing between variables and operators.

行間

Determines the spacing between lines.

ルート間隔

Determines the spacing between the root sign and radicals.

指数と添え字

上付き文字および下付き文字の間隔を指定します。

指数

Determines the spacing for superscript indexes.

添え字

Determines the spacing for subscript indexes.

分数

分数線と分子や分母との間隔を指定します。

分子

Determines the spacing between the fraction bar and the numerator.

分母

Determines the spacing between the fraction bar and the denominator.

分数線

分数線のはり出しの長さと太さを指定します。

はり出し

Determines the excess length of the fraction line.

線の太さ

Determines the weight of the fraction line.

範囲

総和記号と範囲指定の間隔を指定します。

上限

Determines the spacing between the sum symbol and the upper limit.

下限

Determines the spacing between the sum symbol and the lower limit.

かっこ

ここでは、大きなかっことその内容の間隔を指定します。

上下はり出し

Determines the vertical distance between the upper edge of the contents and the upper end of the brackets.

間隔

Determines the horizontal distance between the contents and the upper end of the brackets.

すべてのかっこを調整

全種類のかっこに対して、表示の調整を施します。この場合、たとえば コマンド ウィンドウに ( a over b) と入力すると、引数全体の高さをカバーする形でかっこが付けられます。通常こうした処理を行うには left ( a over b right ) と入力します。

はり出し

Adjusts the percentage excess size. At 0 percent the brackets are set so that they surround the argument at the same height. The higher the entered value is, the larger the vertical gap between the contents of the brackets and the external border of the brackets. The field can only be used in combination with Scale all brackets.

行列

行列要素の間隔を指定します。

行の間隔

Determines the spacing between matrix elements in a row.

列の間隔

Determines the spacing between matrix elements in a column.

アクセント記号

変数に対する記号の間隔を指定します。

基本の高さ

Defines the height of the symbols in relation to the baseline.

最小間隔

Determines the minimum distance between a symbol and variable.

演算子

演算子と変数や数字との間隔を指定します。

はり出し

Determines the height from the variable to the operator's upper edge.

間隔

Determines the horizontal distance between operators and variables.

余白

数式につける余白の幅を指定します。この機能は、LibreOffice Writer のドキュメントに数式を挿入する場合などに便利です。このサイズは 0 に設定しないでください。サイズを 0 にすると、数式に隣接するテキストとの間に余白がなくなり、表示上の問題が発生します。

The left border is positioned between the formula and background.

The right border is positioned between the formula and background.

The top border is positioned between the formula and background.

The bottom border is positioned between the formula and background.

プレビューフィールド

Displays a preview of the current selection.

標準

Saves your changes as your default settings for all new formulas. A security response will appear before saving these changes.

Save Default Dialog

ご支援をお願いします!