メタファイルに

選択したオブジェクトを Windows Metafile Format (WMF) に変換します。WMF には、ビットマップとベクタグラフィックスデータの両方が含まれます。

WMF について詳細は、用語集を参照してください。

このコマンドの見つけ方

Choose Shape - Convert - To Metafile (LibreOffice Draw only)

選択したオブジェクトのコンテキストメニューを開き、変換 → メタファイルに変換 を選択します。


注マーク

メニュー 編集 → 形式を選択して貼り付け によりオブジェクトを切り取ってクリップボードに一時保存し、それをメタファイルとして貼り付けても、同じ結果が得られます。


ご支援をお願いします!