立体に変換

選択したオブジェクトを立体に変換します。

このコマンドの見つけ方

Choose Shape - Convert - To 3D (LibreOffice Draw only)

選択したオブジェクトのコンテキストメニューを開き、変換 → 立体に変換 を行ないます


選択したオブジェクトは、まず輪郭に変換されてから、3D オブジェクトに変換されます。

If you select two or more objects and convert them to 3D, the result is a 3D group that acts as a single object. You can edit the individual objects in the group by choosing . Choose when you are finished.

注マーク

複数のオブジェクトを立体に変換した場合、各オブジェクトの重なり順序は変化しません。


ヒント

F3 キーを押すとグループにまとめることができ、(Ctrl) + (F3) キーを押すとグループ化の終了ができます


グループ化のほかに、クリップアートなどのベクタグラフィックスやビットマップ画像を立体オブジェクトに変換することもできます。LibreOffice は立体への変換時に、ビットマップは四角形として、ベクタグラフィックスは一連の多角形として扱います。

テキストを含んだ図形描画オブジェクトでは、変換後もテキストが見えるように処理されます。

必要なら、変換後のオブジェクトに 3D 効果 を適用することもできます。

ご支援をお願いします!