多角形に変換

選択したオブジェクトを多角形 (直線の境界を持つ閉じたオブジェクト) に変換します。オブジェクトの外観は変わりません。変更を表示したい場合は、右クリックして、制御点の編集 を選択します。

このコマンドの見つけ方

Choose Shape - Convert - To Polygon (LibreOffice Draw only)

選択したオブジェクトのコンテキストメニューを開き、変換 - 多角形に変換を行ないます


ビットマップのベクタ方式化

多角形に変換

ビットマップを多角形に変換するには、次のオプションを設定することが必要です。変換後のイメージ画像は、実際には塗りつぶし色を適用したより小さな多角形の集りです。

設定

ここには、変換で設定可能な項目があります。

色の数

変換後のイメージで表示する色数を入力します。LibreOffice は、イメージの各色につき 1 つの多角形を生成します。

点を減らす

入力した値よりピクセルサイズの小さい色付きの多角形を削除します。

穴を塗りつぶす

点を減らすコマンドの適用時などに生じる色のすき間を塗りつぶします。

タイルのサイズ

背景塗りつぶしの四角形のサイズを入力します。

Source image:

オリジナルの画像 (ビットマップ) がウィンドウに表示されます。

ベクター方式の画像

変換後の画像が表示されます。プレビュー ボタンを押すと、ベクターグラフィックス画像が生成、表示されます。

進行

ここに、変換の進行状態が表示されます。

プレビュー

変更を適用しないで、変換後のイメージをプレビューします。

ご支援をお願いします!