変換

選択したオブジェクトを変換するオプション

このコマンドの見つけ方

Choose Shape - Convert (LibreOffice Draw only)

選択したオブジェクトのコンテキストメニューを開き、変換 を行ないます


曲線に変換

選択したオブジェクトをベジェ曲線に変換します。

多角形に変換

選択したオブジェクトを多角形 (直線の境界を持つ閉じたオブジェクト) に変換します。オブジェクトの外観は変わりません。変更を表示したい場合は、右クリックして、制御点の編集 を選択します。

輪郭に変換

選択したオブジェクトを多角形または多角形のグループに変換します。変換によって多角形のグループが作成される場合 (テキストオブジェクトを変換する場合など)、多角形を個別に選択するには、F3 キーを押してグループに入ります。

立体に変換

選択したオブジェクトを立体に変換します。

3D 回転体に変換

選択したオブジェクトを垂直軸を中心に回転して、立体シェイプを作成します。

ビットマップに

選択したオブジェクトをビットマップに変換します。ビットマップは、イメージを表すピクセルの並びです。

メタファイルに

選択したオブジェクトを Windows Metafile Format (WMF) に変換します。WMF には、ビットマップとベクタグラフィックスデータの両方が含まれます。

ご支援をお願いします!