スライドショーの設定

スライドショーの設定を定義します。開始スライド、スライド間の移動の方法、プレゼンテーションの種類、ポインターオブジェクトなどを指定できます。

このコマンドの見つけ方

メニュー スライドショー → スライドショーの設定...


Presentation Dialog

スライドの指定

ここでプレゼンテーションに使用するスライドを指定します。

すべてのスライド

スライドショーのすべてのスライドを含めます。

スライド指定

開始スライド番号を入力します。

目的別スライドショー

スライドショー → 目的別スライドショー で定義した順に、目的別スライドショーを実行します。

Presentation Mode

ここでプレゼンテーションを実行するモードを選択します。

Full screen

スライドが全画面表示されます。

In a window

スライドショーは、LibreOffice のプログラムウィンドウ内で実行されます。

Loop and repeat after

指定した停止間隔のあと、スライドショーが再実行されます。最後のスライドが終わってから最初のスライドが開始されるまでの間は、休止ページが表示されます。Esc キーを押すと、スライドショーの実行を停止できます。.

休止時間

スライドショーを繰り返すまでの休止時間を入力します。0 を入力した場合、休止ページは表示されず、スライドショーがすぐに再開されます。

ロゴを表示

休止ページに LibreOffice のロゴを表示します。このロゴは交換できません。

オプション

スライドを手動で変更

このボックスを選択している場合、スライドは自動的に変更されません。

マウスポインターを表示する

スライドショーの実行中にマウスポインターを表示します。

マウスポインターをペンとして

マウスポインターをペンに変更します。これを使って、プレゼンテーションの実行中にスライド上に描画できます。

note

Anything you write with the pen will appear in your slides after exiting the slideshow. The properties of the pen can be changed by choosing the Pen Width or Change pen Color command in the context menu of the running slide show.


アニメーションを入れる

スライドショーの際にアニメーション化された GIF ファイルの枠をすべて表示します。 このオプションを選択しないと、アニメーション化された GIF ファイルの最初の枠だけが表示されます。

背景をクリックして画面切り替え

スライドの背景をクリックすると、次のスライドに移動します。

スライドショーが常に前景

LibreOffice ウィンドウは、プレゼンテーションの実行中、前面に表示されます。その他のプログラムでは、このウィンドウがプレゼンテーションの前面に表示されることはありません。

Multiple Displays

By default the primary display is used for slide show mode. If the current desktop is displayed on more than one display, you can select which display to use for full screen slide show mode. If the current desktop spans only one display, or if the multi display feature is not supported on the current system, you cannot select another display.

Presentation display

Select a display to use for full screen slide show mode.

If the system allows the user to span a window over all available displays, you can also select "All displays". In this case the presentation is spanned over all available displays.

note

この設定はユーザー設定に保存され、ドキュメント内には保存されません。


ご支援をお願いします!