互換性

Specifies compatibility settings for text documents. These options help in fine-tuning LibreOffice when importing Microsoft Word documents.

このコマンドの見つけ方

Open a text document, choose - LibreOffice Writer - Compatibility.


注マーク

ここで指定した設定の中には、現在のドキュメントに対してのみ有効であり、各ドキュメント用に別々に指定する必要がある場合があります。


ドキュメントの書式設定にプリンターのメトリックス情報を使用

Specifies that printer metrics are applied for printing and also for formatting the display on the screen. If this box is not checked, a printer independent layout will be used for screen display and printing.

注マーク

現在のドキュメントにこのオプションを設定してからドキュメントを、たとえば以前のバイナリ形式で保存すると、このオプションは保存されません。後になって、以前の形式のファイルを開いた場合、このオプションが標準で設定されます。


Add spacing between paragraphs and tables

In LibreOffice Writer, paragraph spacing is defined differently than in Microsoft Word documents. If you have defined spacing between two paragraphs or tables, spacing is also added in the corresponding Word documents.

Specifies whether to add Microsoft Word-compatible spacing between paragraphs and tables in LibreOffice Writer text documents.

Add paragraph and table spacing at tops of pages

Specifies whether paragraph spacing at the top of a page will also be effective at the beginning of a page or column if the paragraph is positioned on the first page of the document. The same applies for a page break.

注マーク

If you import a Word document, the spaces are automatically added during the conversion.


OpenOffice.org 1.1 のタブストップフォーマットを使用

Specifies how to align text at tab stops beyond the right margin, how to handle decimal tab stops, and how to handle tab stops close to a line break. If this check box is not selected, tab stops are handled in the same way as in other Office applications.

現在お使いのバージョンの Writer で作成されたテキストドキュメントでは、デフォルトで新たなタブストップ間隔の設定が使われます。StarSuite 8 または OpenOffice.org 2.0 より以前のバージョンの Writer で作成されたテキストドキュメントでは、古いタブストップ間隔の設定が適用されます。

テキスト行間にリード (余分なスペース) を入れない

使用しているフォントに追加のリーディング属性が含まれている場合でも、追加のリーディング (余分な空白) が、テキスト行間に追加されなくなります。

現在お使いのバージョンの Writer で作成されたテキストドキュメントでは、デフォルトで行間余白が使われます。StarSuite 8 または OpenOffice.org 2.0 より以前のバージョンの Writer で作成されたテキストドキュメントでは、行間余白はつかわれません。

OpenOffice.org 1.1 行間隔を使用

このオプションがオフの場合、プロポーショナル行送り用のテキスト行の書式設定に新しい処理が適用されます。このオプションがオンの場合、プロポーショナル行送り用のテキスト行の書式設定に従来の処理が適用されます。

現在お使いのバージョンの Writer で作成されたテキストドキュメントと、最近のバージョンのMicrosoft Word 文書では、新たなプロセスが使われています。StarSuite 8 または OpenOffice.org 2.0 より以前のバージョンの Writer で作成されたテキストドキュメントでは、古いプロセスが使われます。

テーブルセルの最下部に段落とテーブルの間隔を入れる

段落に下部の行送りを追加するよう指定します。表のセルにある最後の段落の場合であっても行送りが追加されます。

If the option is off, table cells will be formatted as in Writer versions prior to StarOffice 8 or OpenOffice.org 2.0. If the option is on, an alternative method of formatting table cells will be applied. The option is on by default for new documents created with LibreOffice and for documents imported from Microsoft Word format.

OpenOffice.org 1.1 オブジェクト位置を使用

文字または段落にアンカーされているフローティングオブジェクトの位置を、上部と下部の段落の行送りに対応して計算する方法を指定します。

このオプションがオンの場合、浮動オブジェクトは StarSuite 8 または OpenOffice.org 2.0 より前のバージョンの Writer での位置へ配置されます。このオプションがオフの場合、Microsoft Word で使用される方法と同様の 1つの代替方法で浮動オブジェクトが配置されます。

The option will be set to off for new documents. For Writer documents created by a version prior to OpenOffice.org 2.0 the option is on.

オブジェクトの周りで OpenOffice.org 1.1 テキストラップを使用

Microsoft Word and Writer have different approaches on wrapping text around floating screen objects. Floating screen object are Writer frames and drawing objects, and the objects 'text box', 'graphic', 'frame', 'picture' etc. in Microsoft Word.

In Microsoft Word and in current versions of Writer, page header/footer content and footnote/endnote content does not wrap around floating screen objects. Text body content wraps around floating screen objects which are anchored in the page header.

StarSuite 8 または OpenOffice.org 2.0 より以前のバージョンの Writer では、その正反対となります。

このオプションがオフの場合 (標準設定)、新しいテキストの折り返しが適用されます。このオプションがオンの場合、以前のテキスト折り返しが適用されます。

オブジェクトを配置するときに折り返しスタイルを考える

文字または段落にアンカーされている浮動オブジェクトの複雑な配置プロセスの動作方法を指定します。StarSuite 8 または OpenOffice.org 2.0 より前のバージョンの Writer では、反復処理が使用されていましたが、現行のバージョンでは、Microsoft Word の処理と同様の単純な処理が使用されます。

このオプションがオフの場合、オブジェクト配置のために古い LibreOffice 反復処理が使用されます。オプションがオンの場合、新しい単純明快な処理が、Microsoft Word ドキュメントとの互換性を確実にするため使用されます。

両端揃えされた段落内の手動で改行された行で語間を拡げる

この設定がオンの場合、Writer では、両端揃えの段落で Shift + Enter キーによって、行の単語間にスペースを追加できます。この設定がオフの場合、行を両端揃えにするために単語間のスペースが拡張されることはありません。

この設定は、.odt テキストドキュメントではデフォルトでオンになります。この設定は保存されて、.odt テキストドキュメント書式のドキュメントとともに読み込まれます。この設定は、古い .sxw テキストドキュメントでは保存できないため、.sxw テキスト書式ではオフになります。

Tolerate white lines of PDF page backgrounds for compatibility with old documents

Use LibreOffice 4.3 anchoring paint order and tolerate white lines that may appear in PDF page backgrounds created from legacy documents.

標準として使用

Click to use the current settings on this tab page as the default for further sessions with LibreOffice.

出荷時の標準では次のように設定されています。次のオプションのみ有効で、その他すべてのオプションは無効です。

  1. Add spacing between paragraphs and tables

  2. Add paragraph and table spacing at tops of pages

  3. テーブルセルの最下部に段落とテーブルの間隔を入れる

  4. 両端揃えされた段落内の手動で改行された行で語間を拡げる

ご支援をお願いします!