プロキシ

必要に応じて、インターネットアクセス用のプロキシサーバーを手動で設定できます。

このコマンドの見つけ方

Choose - Internet - Proxy.


warning

Some options cannot be reset once edited. Either edit back the changes manually or click Cancel and reopen the Options dialog.


設定

プロキシサーバーの設定

プロキシサーバー

プロキシ定義の種類を指定します。

なし

プロキシを使わずインターネットにアクセスします。プロキシを使用しないインターネットプロバイダーに対して、コンピューターからの直接接続を確立できます。

手動

プロキシサーバーを手動で設定します。利用するインターネットサービスに応じて、必要なプロキシサーバーを指定します。プロキシおよびポートの指定に必要な情報は、システム管理者に問い合わせてください。

ヒント

サーバー名には、プロトコルプレフィックスなしで入力してください。例えば http://www.example.com ではなく、www.example.com を入力してください。


システム

GNOME または KDE を使用する Windows または UNIX システムの場合、このオプションは LibreOffice がシステム設定を使用することを指定します。 この設定の使用を開始するには、LibreOffice を再起動する必要があります。

プロキシ

HTTP 用のプロキシサーバーを指定します。 右側のフィールドにはポートを指定します。

HTTPS プロキシ

HTTPS 用のプロキシサーバーの名前を指定します。 右側のフィールドにはポートを指定します。

Ftp プロキシ

FTP 用のプロキシサーバーを指定します。 右側のフィールドにはポートを指定します。

プロキシなし

プロキシサーバーを必要としないサーバーを、セミコロン記号で区切って指定します。 このようなサーバーには、ローカルネットワーク内でアクセスされるものや、ビデオやオーディオのストリーミング用のサーバーなどが該当します。

ホストやドメインの名前には、プレースホルダーを使用できます。たとえばプロキシを使わずに sun.com 内のホストへ接続する場合は、*.sun.com とします。

対応するプロキシサーバーのポートを指定します。 ポート番号の最大値は 65535 です。

warning

Some options cannot be reset once edited. Either edit back the changes manually or click Cancel and reopen the Options dialog.


ご支援をお願いします!