全般

In the General section, you can select default settings for saving documents, and can select default file formats.

このコマンドの見つけ方

Choose - Load/Save - General.


Options Save Dialog Image

warning

Some options cannot be reset once edited. Either edit back the changes manually or click Cancel and reopen the Options dialog.


読み込む

ユーザー独自の設定をドキュメントとともに読み込む

ドキュメント内に保存されたユーザー独自の設定をドキュメントとともに読み込みます。

If Load user-specific settings with the document is not selected, the following user-specific settings still apply:

次の設定は、このオプションがオンであるかどうかにかかわらず、常にドキュメントとともに読み込まれます。

プリンター設定をドキュメントとともに読み込む

If enabled, the printer settings will be loaded with the document. This can cause a document to be printed on a distant printer, if you do not change the printer manually in the Print dialog. If disabled, your standard printer will be used to print this document. The current printer settings will be stored with the document whether or not this option is checked.

保存

ドキュメントを自動的に保存する

保存時にプロパティの確認

名前を付けて保存 コマンドを選択するたびに、プロパティダイアログを表示します。

常時バックアップコピーの作成

Saves the previous version of a document as a backup copy whenever you save a document. Every time LibreOffice creates a backup copy, the previous backup copy is replaced. The backup copy gets the extension .BAK.

バックアップコピーの保存位置を変更するには、 → LibreOffice → パス を選択して、バックアップファイルの新しいパスを入力します。

自動回復情報を保存

LibreOffice がクラッシュが発生した場合に、開いているすべてのドキュメントを復元するために必要な情報を保存することを指定します。保存の時間間隔も指定できます。

分毎に行う

自動復元オプションの時間間隔 (分) を指定します。

Automatically save the document too

Specifies that LibreOffice saves all open documents when saving auto recovery information. Uses the same time interval as AutoRecovery does.

ファイルシステムに関連した URL を保存

This option allows you to select the default for relative addressing of URLs in the file system and on the Internet. Relative addressing is only possible if the source document and the referenced document are both on the same drive.

相対アドレスは、常に現在のドキュメントの置かれたディレクトリを開始位置として指定します。これに対して絶対アドレスは、ルートディレクトリを開始位置として指定します。下記の表は、相対参照と絶対参照の例をまとめたものです。

ファイルシステム

インターネット

相対

../images/img.jpg

../images/img.jpg

絶対

file:///C:/work/images/img.jpg

https://myserver.com/work/images/img.jpg


warning

ヒントのヘルプでは、常に絶対パスを表示します。このオプションをアクティブにすると LibreOffice はHTML形式のファイル書式で保存するときに相対パスを使います。


Select this box for relative saving of URLs in the file system.

URL アドレスの相対保存

Select this box for relative saving of URLs to the Internet.

標準ファイル形式と ODF 設定

ODF 形式バージョン

LibreOffice 7.0 supports the OpenDocument format (ODF) version 1.3. The prior versions of LibreOffice support the file format ODF 1.2. Prior file formats cannot store all new features of the new software.

OpenOffice.org 3 and StarOffice 9 introduced new features which have to be saved using the OpenDocument format (ODF) version 1.2. The prior versions of OpenOffice.org 2 and StarOffice 8 support the file formats ODF 1.0/1.1. Those prior file formats cannot store all new features of the new software.

Current LibreOffice versions can open documents in ODF formats 1.0/1.1, 1.2, and 1.3.

When you save a document, you can select whether to save the document in the format ODF 1.3, ODF 1.3 Extended, ODF 1.2, ODF 1.2 Extended, ODF 1.2 Extended (compatibility mode), or in the prior format ODF 1.0/1.1.

note

Currently, the ODF 1.2 (Extended) or newer formats enable files of Draw and Impress to contain comments. Those comments can be inserted by Insert - Comment in the latest software version. The comments get lost when loading files into prior software versions that were saved by the latest software version.


Some companies or organizations may require ODF documents in the ODF 1.0/1.1, or ODF 1.2 format. You can select these format to save in the listbox. These older formats cannot store all new features, so the new format ODF 1.3 (Extended) is recommended where possible.

The ODF 1.2 Extended (compatibility mode) is a more backward-compatible ODF 1.2 extended mode. It uses features that are deprecated in ODF 1.2 and/or it is 'bug-compatible' to older OpenOffice.org versions. It may be useful if you need to interchange ODF documents with users who use pre-ODF 1.2 or ODF 1.2-only legacy applications.

ODF または標準の形式で保存しない場合に警告する

OpenDocument ではない形式、または ツール → オプション → 読み込みと保存 → 全般でユーザーが標準として設定していない形式で、ドキュメントを保存する場合に、警告メッセージを表示するかを選択できます。

種類の異なる様々なドキュメントを保存する際に、どのファイル形式を標準ファイル形式とするかを選択できます。たとえば、常に Microsoft Office を使用しているユーザーとのファイル交換を行うのであれば、ここで Microsoft Office のファイル形式だけを標準として使用するよう LibreOffice に指定できます。

ドキュメントの種類

標準ファイル書式を適用するドキュメントの種類を指定します。

常に次の形式で保存

左側で選択した種類のドキュメントを、常にこの形式で保存させる方法を指定します。また現在のドキュメントについてはダイアログ 名前を付けて保存 を開いて、他のファイル形式を指定して保存することもできます。

warning

Some options cannot be reset once edited. Either edit back the changes manually or click Cancel and reopen the Options dialog.


ご支援をお願いします!