Java プラットフォームのサポート

LibreOffice では、Java プラットフォームのサポートにより、JavaBeans アーキテクチャーに基づいたアプリケーションやコンポーネントを実行できます。

LibreOffice がJava プラットフォームをサポートするには、Java 2 Runtime Environment ソフトウェアをインストールする必要があります。LibreOffice にインストールした場合、これらがまだインストールされていない場合には、これらのファイルをインストールするためのオプションを自動的に受信します。必要な場合は、これらのファイルをここでインストールすることも可能です。

LibreOffice で Java アプリケーションを実行するには、Java プラットフォームのサポートを有効にする必要があります。

注マーク

JDBCドライバーを使用する前に、クラスパスを追加する必要があります。 - LibreOffice - 詳細をクリックし、クラスパス ボタンをクリックします。パスの情報を追加したら、LibreOfficeを再起動します。


注マーク

- LibreOffice - 詳細タブにおける変更は、Java仮想マシン(JVM、Javaプラットホームの仮想マシン)を起動している場合にも使用されます。クラスパスを変更後、LibreOfficeを再起動する必要があります。これは - インターネット - プロキシの設定についても同様です。ただ"HTTP プロキシ"と"FTP プロキシ"の2つのボックスとそのポートについては再起動を要しません。OKをクリック時に適用されます。


ご支援をお願いします!