標準テンプレートを変更する

メニュー ファイル新規作成 では、LibreOffice 標準テンプレートを基にした新規文書ドキュメントや表計算ドキュメントなどが開きます。標準テンプレートを編集、変更または既存ドキュメントの書式と置換すると、新規ドキュメントはユーザーの設定した書式で開きます。

標準テンプレートの変更

注マーク

どの LibreOffice モジュールにもドキュメントテンプレートが1つ定義できます。ここでは、文書ドキュメントの場合の手順を説明します。


  1. Save the document by choosing File - Templates - Save As Template and saving the document in the My Templates category.

  2. ファイル - 新規作成 - テンプレート を選択します。

  3. Double-click My Templates in the list. You will see the user-defined templates in the user directory specified under - LibreOffice - Paths. Select the template you have just saved.

  4. Choose Set as default. The next time you open a new text document, the new document will be based on the new default template.

ユーザー定義のドキュメントテンプレートを使う

独自のカスタムテンプレートを使用して作業を容易にする方法は複数あります。

テンプレートフォルダーのテンプレート

You can save a new template with File - Templates - Save As Template or by selecting "Template" file type in any Save dialog. Save the template in the user directory specified under - LibreOffice - Paths to be able to access the template from within the File - New - Templates dialog.

To open the template for editing, choose File - New - Templates, select the template and click the Edit button.

ご支援をお願いします!