変更記録

note

LibreOffice ではレビュー機能は文書ドキュメントと表計算ドキュメントで使用できます。


すべての変更が記録されるとは限りません。 たとえば、左揃えから右揃えへのタブストップの変更は記録されません。 ただし、校正者によって行われる一般的な変更、たとえば追加、削除、テキスト修正、通常の書式設定などはすべて記録されます。

1.

To start recording changes, open the document to be edited and choose Edit - Track Changes and then choose Record.

2.

これで、変更作業を開始できます。入力するすべての新しいテキストが下線とともに色分けして表示され、削除したすべてのテキストが消えることなく、取り消し線とともに色分けして表示されます。

3.

マウスポインターをアイコンのついた変更箇所に移動すると、変更の種類、作成者、日付、時刻がヒントとして表示されます。詳細ヒントがオンの場合は、変更箇所に付けられたコメントも表示されます。


表計算ドキュメントを変更すると、変更したセルの枠が強調表示されます。このセルにマウスポインタを置くと、変更に関する詳細な情報がヒント表示されます。

You can enter a comment on each recorded change by placing the cursor in the area of the change and then choosing Edit - Track Changes - Comment. In addition to Extended Tips, the comment is also displayed in the list in the Manage Changes dialog.

To stop recording changes, choose Edit - Track Changes - Record again. The check mark is removed and you can now save the document.

文書ドキュメントでは、変更したすべての行をその他の色で強調表示できます。例えば、余白に赤い線を付けて強調表示することもできます。

To change the settings for tracking changes, choose - LibreOffice Writer - Changes or on the - LibreOffice Calc - Changes.

ご支援をお願いします!