ドキュメントの概要のナビゲーター

All contents of the Navigator window are referred to here as "categories," whether headings, sheets, tables, frames, graphics, OLE objects, sections, hyperlinks, references, indexes, comments, or drawing objects.

The Navigator displays types of objects contained in a document. If a plus sign appears next to a category, this indicates that at least one object of this kind exists. If you rest the mouse pointer on the category name, the number of objects is displayed in an extended tip.

プラス記号をクリックしてカテゴリを開きます。該当カテゴリのみの項目を表示する場合は、カテゴリを選択した上で コンテンツビュー アイコンをクリックします。アイコンをもう一度クリックするまで、このカテゴリのオブジェクトだけが表示されます。

ナビゲーターは、ドキュメントのどの外枠にもドッキングできます。また、灰色の領域をダブルクリックして自由に移動可能なウィンドウに戻すこともできます。ナビゲーターが自由に移動可能なウィンドウである場合には、サイズを変更できます。

オブジェクトを素早く見つけるナビゲーション

LibreOffice ドキュメント内のドラッグ&ドロップ

ご支援をお願いします!