LibreOffice ドキュメント内のドラッグ&ドロップ

ドラッグ&ドロップによるオブジェクトの移動やコピーに関しては、多数のオプションが存在します。テキストセクション、図形描画オブジェクト、図、フォームコントロール、ハイパーリンク、セル範囲などは、マウス操作による移動やコピーが行えます。

コピー時にマウスポインターにプラス記号が表示されます。また、リンクかハイパーリンクの作成時にはマウスポインターに矢印が表示されます。

マウスポインター

意味

データ移動中のマウスポインター

移動

データコピー中のマウスポインター

コピー

リンクを挿入する際のマウスポインター

リンクとして挿入


マウスボタンをリリースしながら、 または Shift+ を押すと、オブジェクトのコピー、移動、またはリンク作成をコントロールできます。

Icon

ナビゲーター からオブジェクトを取り出す場合は、ドラッグモジュール アイコンのサブメニューで挿入方法が選択できます。オブジェクトは、ハイパーリンクとして、リンクとして、あるいはコピーとして挿入できます。

ヒント

LibreOffice 上でのドラッグ&ドロップ操作は、マウスボタンを放す前であれば、Esc キーを押すことでキャンセルできます。


図をドキュメント間でコピーする

表計算シートの範囲を文書ドキュメントへコピーする

図をギャラリーからコピーする

ギャラリーにグラフィックを追加

ご支援をお願いします!