Opening a Document Using WebDAV over HTTPS

LibreOffice では、セキュリティ保護された HTTPS プロトコルを使った WebDAV サーバーに格納されるドキュメントの表示と保存ができます。

HTTPS 経由で WebDAV を使用するには LibreOffice ファイルダイアログを使用する必要があります。

  1. LibreOffice → 全般 を選択します。LibreOffice ダイアログを使う をオンにします。OK をクリックしてダイアログを閉じます。

  2. 「ファイル」 → 「開く」 を選択します。

  3. 「ファイル名」 ボックスに WebDAV フォルダーへのパスを入力します。 たとえば、https://192.168.1.1/webfolder と入力して、IP アドレス 192.168.1.1 にある WebDAV サーバーへのセキュリティ保護された接続を開き、webfolder フォルダーの内容を表示します。

  4. WebDAV サーバーにはじめて接続すると、「不明な認証局により証明された Web サイト」ダイアログが表示されます。

    「証明書の確認」 ボタンをクリックして、証明書を確認してください。

    証明書を受け付ける場合、この証明書をこのセッションに限り一時的に受け入れる を選択して、OKをクリックします。この操作により、LibreOffice を終了するまでこれ以上質問を受けずに、WebDAV サーバーからファイルを開き、保存できるようになります。

    証明書を信用できない場合は、中止 をクリックします。

  5. 証明書を受け付けなかった場合、開くファイルの名前を選択して、開く をクリックします。

証明書に指定されているドメイン名とファイルダイアログに入力したドメイン名が一致しない場合、次のオプションのいずれかから選択できるダイアログが表示されます。

証明書の表示 - 「証明書の表示」ダイアログが表示されます。

続行 - 両方のドメインが同じであることがわかっている場合は、「続行」ボタンをクリックします。

接続をキャンセル - 接続を中止します。

続行 をクリックすると、ユーザー名とパスワードの入力を促すダイアログが表示されます。

ご支援をお願いします!