高度なプロパティ

データベースのいくつかのオプションを指定します。

このコマンドの見つけ方

データベースウィンドウで、「編集」 → 「データベース」 → 「プロパティ」 を選択し、「高度なプロパティ」 タブをクリックします。


以下のコントロールの利用可能な範囲は、データベースのタイプによって変わります。

dBase ファイルへのパス

dBase ファイルのあるディレクトリのパスを入力します。

警告マーク

dBASE ファイルの *.dbf ファイル名拡張子が小文字になっていることを確認します。


ブラウズ

ダイアログが表示され、ファイルまたはディレクトリを選択できます。

テスト接続

現在の設定でデータベース接続をテストします。

テキストファイルへのパス

テキストファイルのフォルダーへのパスを入力します。

表計算ドキュメントへのパス

データベースとして使用する表計算ドキュメントへのパスを入力します。

ご使用のシステム上の ODBC データソース名

ODBC データソースの名前を入力します。

ユーザー名

データベースへのアクセスに必要なユーザー名を入力します。

必須パスワード

チェックされている場合は、ユーザーはデータベースへのアクセスに必要なパスワードを入力を求められます。

データベースの名前

データベースファイルの名前を入力します。

MySQL データベースの名前

データソースとして使用する MySQL データベースの名前を入力します。

Oracle データベースの名前

データソースとして使用する Oracle データベースの名前を入力します。

Microsoft Access データベースファイル

データソースとして使用する Microsoft Access D データベースの名前を入力します。

ホスト名

LDAP データソース用のホスト名を入力します。

データソース URL

JDBC データソースの場所を URL で入力します。

JDBC ドライバークラス

データソースに接続する JDBC ドライバークラスの名前を入力します。

テストクラス

JDBC ドライバークラス経由でデータベース接続をテストします。

データベースを選択

リストからデータベースを選択するか、「作成」をクリックしてデータベースを新規作成するかします。

ご支援をお願いします!