接続の種類 ウィザード

現在のデータベースに使う接続のタイプを変更します。

このコマンドの見つけ方

データベースウィンドウで、「編集」 → 「データベース」→ 「接続タイプ」 を選択します。


「接続の種類」ウィザードは、3 ページあります。1 つのデータベースタイプから別のデータベースタイプに設定をすべて転送することはできません。

たとえば、インストール済みの特定のデータベースからは通常認識されない形式のデータベースファイルを、ウィザードを使用すると開くことができます。

データベースの種類

接続先データベースの種類を選択します。

高度なプロパティ

データベースのいくつかのオプションを指定します。

追加設定

データソース用の詳細オプションを指定します。

ご支援をお願いします!