追加設定

データソース用の詳細オプションを指定します。

このコマンドの見つけ方

データベースウィンドウで、「編集」 → 「データベース」 → 「プロパティ」 を選択し、「詳細設定」 タブをクリックします。


以下のコントロールの利用可能な範囲は、データベースのタイプによって変わります。

ホスト名

データベースがあるサーバーのホスト名を、「ldap.server.com」といった形式で入力します。

ポート番号

データベースがホストされているサーバーのポート番号を入力します。

MySQL JDBC ドライバークラス

MySQL データベース用の JDBC ドライバーの名前を入力します。

文字セット

LibreOffice 内のデータベースを表示するときに使用する文字セットを選択します。この設定は、データベースそのものには影響しません。ご使用のオペレーティングシステムで標準の文字セットを使用するには、「システム」を選択します。

注マーク

テキストデータベースと dBASE データベースでは、文字セットが、固定文字長の文字セットに制限されています。固定文字長の文字セットでは、符号化された各文字が同じバイト数です。


Oracle JDBC ドライバークラス

Oracle データベース用の JDBC ドライバーの名前を入力します。

ドライバーの設定

追加のドライバーオプションを指定します。

ファイルベースのデータベースにカタログを使用

カタログの現在のデータソースを使用します。このオプションは、ODBC データソースがデータベースサーバーの場合に役立ちます。ODBC データソースが dBase ドライバーの場合は、このオプションを選択しないでください。

Base DN

たとえば「dc=com」のようにして、LDAP データベースの検索開始点を入力します。

最大レコード数

LDAP サーバーへのアクセス時に読み込むレコードの最大数を入力します。

削除済みレコードも表示

削除指定されたものも含めて、ファイル中のすべてのレコードを表示します。このチェックボックスをオンにすると、レコードを削除できなくなります。

注マーク

dBASE 形式では、削除済みのレコードもファイル内に残されています。


ヒント

データベースに加えた変更を参照するには、データベースへの接続を閉じてから、データベースにもう一度接続します。


インデックス

現在の dBASE データベースのテーブルのインデックスを管理する「インデックス」ダイアログを開きます。

ヘッダーのあるテキスト

テキストファイルの 1 行目にフィールド名が含まれる場合、このチェックボックスをオンにします。

フィールド区切り子

テキストファイル中でデータフィールドの区切り記号としている文字を、入力または選択します。

テキスト区切り子

テキストファイル中でテキストフィールドを示す記号として用いる文字を、入力または選択します。フィールド区切り記号と同じ文字は指定できません。

10 進数区切り子

ピリオド (0.5) やコンマ (0,5) など、テキストファイル中で小数点を示す記号としている文字を、入力または選択します。

3 桁ごとの区切り子

コンマ (1,000) やピリオド (1.000) など、テキストファイル中で千単位の桁区切りとしている文字を、入力または選択します。

ファイル拡張子

テキストファイルの書式を選択します。このダイアログでは、選択する拡張子ごとに既定値が異なります。

ご支援をお願いします!