一般

システム管理者としてデータベーステーブルを作成する場合、この見出しを使って、ユーザーアクセスの管理および、データやテーブル構造の編集を行います。

システム管理者でない場合は、全般 を使用します。

テーブル名

選択したデータベーステーブルの名前を表示します。

種類

データベースの種類を表示します。

場所

データベーステーブルの絶対パスを表示します。

データ読み取り

ユーザーにデータの読み取りを許可します。

データ挿入

ユーザーに新規データの挿入を許可します。

データ変更

ユーザーにデータの変更を許可します。

データ削除

ユーザーにデータの削除を許可します。

テーブル構造変更

ユーザーにテーブル構造の変更を許可します。

テーブル構造削除

ユーザーにテーブル構造の削除を許可します。

参照先変更

テーブルの新規リレーションの入力や既存のリレーションの削除など、定義済みの参照の変更をユーザーに許可します。

ご支援をお願いします!