クエリーデザイン

クエリーのデザインビュー では、データベースクエリーを作成および編集できます。

このコマンドの見つけ方

In a database file window, click the Queries icon, then choose Edit - Edit.


注マーク

多くのデータベースでは、レコードをコンピューターに表示する際に、データベーステーブルのフィルタリングやソートのためにクエリーが使用されています。ビューも同様な機能を提供しますが、サーバーサイドで実行されます。ご使用のデータベースがビューをサポートするデータベースサーバー上にある場合、サーバー上でレコードをフィルタリングすることによって表示速度を向上できます。


注マーク

データベースドキュメントの テーブル タブページから ビューを作成 コマンドを選択すると、ここで説明している クエリーデザイン ウィンドウに似た ビューデザイン ウィンドウが表示されます。


「クエリーデザイン」ウィンドウのレイアウトは、作成したクエリーとともに保存されますが、作成したビューとともには保存できません。

デザインビュー

クエリーを作成するには、データベースドキュメント内で クエリー アイコンをクリックしてから、デザイン表示でクエリーを作成 をクリックします。

The lower pane of the Design View is where you define the query. To define a query, specify the database field names to include and the criteria for displaying the fields. To rearrange the columns in the lower pane of the Design View, drag a column header to a new location, or select the column and press +arrow key.

クエリーデザインの表示ウィンドウの最上段には、クエリーデザイン バーおよび デザイン バーのアイコンが表示されます。

クエリーをテストしたい場合は、データベースドキュメントのクエリー名をダブルクリックします。クエリーの結果は、データソースの表示に似たテーブルに表示されます。注: 表示されるテーブルは一時的なものです。

クエリーデザイン表示のキー

キー

関数

F4

プレビュー

F5

クエリーの実行

F7

テーブルまたはクエリーの追加


ブラウズ

When you open the query design for the first time, you see a dialog in which you must first select the table or query that will be the basis for your new query.

フィールドをダブルクリックすると、フィールドがクエリーに追加されます。ドラッグ&ドロップすると、リレーションを定義できます。

注マーク

クエリーのデザイン中は、選択テーブルは変更できません。


テーブルの解除

テーブルを作成画面から解除するには、テーブルウィンドウの上部枠をクリックして、コンテキストメニューを呼び出します。削除 コマンドを使って作成画面からテーブルを解除します。または、Deleteキーを押します。

テーブルの移動とテーブルサイズの変更

テーブルの並べ替えおよびサイズの変更を実施できます。テーブルを移動するには、マウスで上の枠をつかみ、目的の場所に引っ張ります。表示を拡大したり、縮小させるには、枠や角を引っ張ります。

テーブル間の対応関係

あるテーブルのフィールドと別のテーブルのフィールドとの間にデータの対応関係が存在する場合、その対応関係をクエリーに使用することができます。

If, for example, you have a spreadsheet for articles identified by an article number, and a spreadsheet for customers in which you record all articles that a customer orders using the corresponding article numbers, then there is a relationship between the two "article number" data fields. If you now want to create a query that returns all articles that a customer has ordered, you must retrieve data from two spreadsheets. To do this, you must inform LibreOffice about the relationship which exists between the data in the two spreadsheets.

To do this, click a field name in a table (for example, the field name "Item-Number" from the Customer table), hold down the mouse button and then drag the field name to the field name of the other table ("Item-Number" from the Item table). When you release the mouse button, a line connecting the two fields between the two table windows appears. The corresponding condition that the content of the two field names must be identical is entered in the resulting SQL query.

複数の関連シートを使ったクエリーの作成は、リレーショナルデータベースのインタフェースとして LibreOffice を使用する場合のみ可能となります。

注マーク

1 つのクエリーから異なるデータベースへはアクセスできません。複数のテーブルを使用するクエリーは、1 つのデータベース内部にのみ作成できます。


Specifying the relation type

If you double-click on the line connecting two linked fields or call the menu command Insert - New Relation, you can specify the type of relation in the Relations dialog.

または、行が選択されるまで Tab キーを押し、Shift + F10 キーを押して、コンテキストメニューを表示し、そこで 編集 コマンドを選択します。データベースによっては、選択可能な結合タイプのサブセットにしか対応していない場合があります。

リンクを解除する

2つのテーブルの間に存在するリンクを解除する場合、マウスでそのリンク線をクリックしてDeleteキーを押します。

別の方法としては、ダイアログ リレーション使用フィールド から該当項目を削除することもできます。また、Tab キーを押して目的の接続線を強調表示させて (Shift) + (F10) キーを押すとコンテキストメニューが表示されるので、コマンド 削除 を選択します。

Defining the query

クエリーを定義する条件を選択します。 作成されるテーブルの列はそれぞれクエリーのデータフィールドがあります。行に定義されている条件は論理的「AND」でリンクします。

Specifying field names

First, select all field names from the tables that you want to add to the query. You can do this either by drag-and-drop or by double-clicking a field name in the table window. With the drag-and-drop method, use the mouse to drag a field name from the table window into the lower area of the query design window. As you do this, you can decide which column in the query design window will receive the selected field. A field name can also be selected by double-clicking. It will then be added to the next free column in the query design window.

データフィールドの解除

クエリーからデータフィールドを解除する場合、マウスで該当するフィールドに対応した列の頭をクリックして列のインデックスで 解除 コマンドを実行します。

Saving the query

Use the Save icon on the Standard toolbar to save the query. You will see a dialog that asks you to enter a name for the query. If the database supports schemas, you can also enter a schema name.

スキーマ

クエリービューとテーブルビューに割り当てるスキーマの名前を入力します。

クエリービューとテーブルビューの名前

クエリービューとテーブルビューの名前を入力します。

データのフィルタリング

To filter data for the query, set the desired criteria in the lower area of the query design window. The following options are available:

フィールド

Enter the name of the data field that is referred to in the Query. All settings made in the filter option rows refer to this field. If you activate a cell here with a mouse click you'll see an arrow button, which enables you to select a field. The "Table name.*" option selects all data fields with the effect that the specified criteria will be applied to all table fields.

エイリアス

Specifies an alias. This alias will be listed in the query instead of the field name. This makes it possible to use user-defined column labels. For example, if the data field is named PtNo and, instead of that name, you would like to have PartNum appear in the query, enter PartNum as the alias.

In a SQL statement, aliases are defined as follows:

SELECT column AS alias FROM table.

たとえば、

SELECT "ItemNr" AS Item Number FROM "Item"

テーブル

The corresponding database table of the selected data field is listed here. If you activate this cell with a mouse click, an arrow will appear which enables you to select a different table for the current query.

並べ替え

If you click on this cell, you can choose a sort option: ascending, descending and unsorted. Text fields will be sorted alphabetically and numerical fields numerically. For most databases, administrators can set the sorting options at the database level.

表示

If you mark the Visible property for a data field, that field will be visibly displayed in the resulting query. If you are only using a data field to formulate a condition or make a calculation, you do not necessarily need to display it.

条件

Specifies a first criteria by which the content of the data field is to be filtered.

あるいは

Here you can enter one additional filter criterion for each line. Multiple criteria in a single column will be interpreted as boolean OR.

You can also use the context menu of the line headers in the lower area of the query design window to insert a filter based on a function:

関数

The functions which are available here depend on those provided by the database engine.

If you are working with the embedded HSQL database, the list box in the Function row offers you the following options:

オプション

SQL

結果

機能なし

これにより機能の実行はありません。

平均

AVG

フィールドの算術平均を計算します。

数量

COUNT

Determines the number of records in the table. Empty fields can either be counted (a) or excluded (b).

a)COUNT(*):アスタリスク(*)の引数を入力すると、テーブル内の全てのデータレコードが数えられます。

b) COUNT(column): Passing a field name as an argument counts only the records in which the specified field contains a value. Records in which the field has a Null value (i.e. contains no textual or numeric value) will not be counted.

最高

MAX

Determines the highest value of a record for that field.

最低

MIN

Determines the lowest value of a record for that field.

合計

SUM

Calculates the sum of the values of records for the associated fields.

グループ化

GROUP BY

Groups query data according to the selected field name. Functions are executed according to the specified groups. In SQL, this option corresponds to the GROUP BY clause. If a criterion is added, this entry appears in the SQL HAVING sub-clause.


関数呼び出しは、SQL ステートメント内に直接指定することもできます。構文は下記の形式で指定します。

SELECT FUNCTION(column) FROM table.

たとえば次のように SQL 文の中で合計算出の関数を使用できます。

SELECT SUM("Price") FROM "Item".

Except for the Group function, the above functions are called Aggregate functions. These are functions that calculate data to create summaries from the results. Additional functions that are not listed in the list box might be also possible. These depend on the specific database engine in use and on the current functionality provided by the Base driver used to connect to that database engine.

To use other functions not listed in the list box, you must enter them manually under Field.

You can also assign aliases to function calls. If you do not want to display the query string in the column header, enter a desired substitute name under Alias.

SQL ステートメントでは対象となる関数を次のように呼び出します。

SELECT FUNCTION() AS エイリアス FROM table

例:

SELECT COUNT(*) AS 数量 FROM "Item"

注マーク

If you run such a function, you cannot insert any additional columns for the query other than as an argument in a "Group" function.


例:

次の例では、2つのテーブルを対象とするクエリーを実行します。Item_No フィールドを持つ Item テーブルと Supplier_Name フィールドを持つSuppliers テーブルがあります。また、両方のテーブルには Supplier_No というフィールドがあります。

すべての suppliers を対象として 3 つ以上の Item が含まれるクエリーを作成するには次のステップが必要です。

  1. テーブル Item と suppliers をクエリーのデザインに挿入します。

  2. テーブル間にリレーションがまだなければ、両方のテーブルの Supplier_No フィールドをつなぎます。

  3. Double-click on the "Item_No" field from the "Item" table. Display the Function line using the context menu and select the Count function.

  4. 条件として「>3」を入力し、可視フィールドをオフにします。

  5. テーブル Suppliers からフィールド Supplier_Name をダブルクリックして、関数グループを選択します。

  6. クエリーを実行します。

テーブル Item のフィールド price(各商品の単価)とフィールド Supplier_No (Item の supplier)があるときは、supplier が提供する Item の平均価格は次のようにして求められます。

  1. テーブル Item をクエリーのデザインに挿入します。

  2. フィールド Price と フィールド Supplier_No をダブルクリックします。

  3. 関数 の行をオンにしてフィールド Price で関数 Average を選択します。

  4. エイリアスの行に Average と入力することもできます。

  5. フィールド Supplier_No でグループ化を選択します。

  6. クエリーを実行します。

以下に示すコンテキストメニューコマンドとアイコンがあります。

関数

Shows or hides a row for the selection of functions.

テーブル名

テーブル名の行の表示、非表示が切り替わります。

エイリアス名

エイリアス行の表示 / 非表示を切り替えます。

固有値

Retrieves only distinct values from the query. This applies to multiple records that might contain several repeating occurrences of data in the selected fields. If the Distinct Values command is active, you should only see one record in the query (DISTINCT). Otherwise, you will see all records corresponding to the query criteria (ALL).

たとえば、「Smith」という名前が複数登録されているアドレス帳データベースを扱う場合に、コマンド 「固有値」 を使うことで、「Smith」という名前を 1 度だけ抽出するようにできます。

複数のフィールドを抽出するクエリーでは、それらのフィールドデータの組み合わせが一意になり、その結果が固有のレコードになる必要があります。たとえばアドレス帳に、「Smith in Chicago」(シカゴ在住の Smith 氏) に該当する人物は 1 人だけ登録されているのに、「Smith in London」(ロンドン在住の Smith 氏) は 2 人分登録されているものとします。この場合のクエリーでは「last name」と「city」の 2 つのフィールドを使用しますが、その際にコマンド 「固有値」 をオンにすることで、「Smith in Chicago」と「Smith in London」に該当する結果をそれぞれ 1 回ずつ出力するようにできます。

このコマンドに該当する SQL のキーワードは DISTINCT です。

リミット

Allows you to limit the maximum number of records returned by a query.

If a Limit construction is added, you will get at most as many rows as the number you specify. Otherwise, you will see all records corresponding to the query criteria.

フィルター条件の作成

When formulating filter conditions, various operators and commands are available to you. Apart from the relational operators, there are SQL-specific commands that query the content of database fields. If you use these commands in the LibreOffice syntax, LibreOffice automatically converts these into the corresponding SQL syntax via an internal parser. You can also enter the SQL command directly and bypass the internal parser. The following tables give an overview of the operators and commands:

演算子

意味

次のことが起きると条件が満たされる...

=

等しい

... 指定値とフィールド値は一致する。

The operator = will not be displayed in the query fields. If you enter a value without any operator, the = operator is automatically assumed.

<>

等しくない

... 指定値とフィールド値は一致しない。

>

大きい

... 指定値よりもフィールド値は大きい。

<

小さい

... 指定値よりもフィールド値は小さい。

>=

大きいか同等

... 指定値とフィールド値は同等か、その方が大きい。

<=

小さいか同等

... 指定値とフィールド値は同等か、その方が小さい。


LibreOffice コマンド

SQL コマンド

意味

次のことが起きると条件が満たされる...

IS EMPTY

IS NULL

null

... the field contains no data. For Yes/No fields with three possible states, this command automatically queries the undetermined state (neither Yes nor No).

IS NOT EMPTY

IS NOT NULL

空でない

... the field is not empty, i.e it contains data.

LIKE

placeholder (*) for any number of characters

placeholder (?) for exactly one character

LIKE

placeholder (%) for any number of characters

Placeholder (_) for exactly one character

検索パターンと一致する

... the data field contains the indicated expression. The (*) placeholder indicates whether the expression x occurs at the beginning of (x*), at the end of (*x) or inside the field content (*x*). You can enter as a placeholder in SQL queries either the SQL % character or the familiar (*) file system placeholder in the LibreOffice interface.

The (*) or (%) placeholder stands for any number of characters. The question mark (?) in the LibreOffice interface or the underscore (_) in SQL queries is used to represent exactly one character.

NOT LIKE

NOT LIKE

検索パターンと一致しない

... the field does not contain data having the specified expression.

BETWEEN x AND y

BETWEEN x AND y

区間 [x,y] に存在する

... the field contains a data value that lies between the two values x and y.

NOT BETWEEN x AND y

NOT BETWEEN x AND y

区間[x,y]には存在しない

... the field contains a data value that does not lie between the two values x and y.

IN (a; b; c...)

Note that semicolons are used as separators in all value lists!

IN (a, b, c...)

a, b, c..を含む

... the field name contains one of the specified expressions a, b, c,... Any number of expressions can be specified, and the result of the query is determined by a boolean OR operator. The expressions a, b, c... can be either numbers or characters

NOT IN (a; b; c...)

NOT IN (a, b, c...)

a, b, c..を含まない

... the field does not contain one of the specified expressions a, b, c,...

= TRUE

= TRUE

「True」値

...「True」値がフィールド値に含まれている。

= FALSE

= FALSE

「False」値

... the field data value is set to false.


例)

='Ms.'

"Ms."という値が含まれているデータフィールドを返します。

<'2001-01-10'

returns dates that occurred before January 10, 2001

LIKE 'g?ve'

returns records with field content such as "give" and "gave".

LIKE 'S*'

returns records with field contents such as "Sun".

BETWEEN 10 AND 20

returns records with field content between the values 10 and 20. (The fields can be either text fields or number fields).

IN (1; 3; 5; 7)

returns records with the values 1, 3, 5, 7. If the field name contains an item number, for example, you can create a query that returns the item having the specified number.

NOT IN ('Smith')

returns records that do not contain "Smith".


Like Escape Sequence:{escape 'escape-character'}

例)select * from Item where Item Name like 'The *%' {escape '*'}

この例では、「The *」で始まる項目名全ての内容が得られます。尚、ここでは一般的にワイルドカード文字として扱われている記号である「*」、「?」、「 _」、または「%」およびピリオド等も検索できます。

Outer Join Escape Sequence:{oj outer-join}

例)select Item.* from {oj Item LEFT OUTER JOIN orders ON Item.No=orders.ANR}

テキストフィールドのクエリー

To query the content of a text field, you must put the expression between single quotes. The distinction between uppercase and lowercase letters depends on the database in use. LIKE, by definition, is case-sensitive (though some databases don't interpret this strictly).

日付フィールドのクエリー

Date fields are represented as #Date# to clearly identify them as dates. Date, time and date/time constants (literals) used in conditions can be of either the SQL Escape Syntax type, or default SQL2 syntax.

Date Type Element

SQL Escape syntax #1 - may be obsolete

SQL Escape syntax #2

SQL2 syntax

日付

{D'YYYY-MM-DD'}

{d 'YYYY-MM-DD'}

'YYYY-MM-DD'

時刻

{D'HH:MM:SS'}

{t 'HH:MI:SS[.SS]'}

'HH:MI:SS[.SS]'

日付と時刻

{D'YYYY-MM-DD HH:MM:SS'}

{ts 'YYYY-MM-DD HH:MI:SS[.SS]'}

'YYYY-MM-DD HH:MI:SS[.SS]'


例:select {d '1999-12-31'} from world.years

Example: select * from mytable where years='1999-12-31'

All date expressions (date literals) must be enclosed with single quotation marks. (Consult the reference for the particular database and connector you are using for more details.)

はい/いいえフィールドからのクエリー実行

YES/NO フィールドをクエリーするには、dBASE テーブル用の次の構文を使用します。

ステータス

クエリー条件

はい

dBASE テーブルの場合:所定の値以外

=1 では「はい」または「ON」のステータスを示す(黒い印)のはい/いいえフィールドの全てのデータレコードが返されます。

いいえ

.

=0 では「いいえ」または「OFF」のステータスを示す(黒い印)のはい/いいえフィールドの全てのデータレコードが返されます。

Null

IS NULL

「IS NULL」では「はい」でも「いいえ」でもないステータスを示す(灰色の印)はい/いいえフィールドのすべてのレコードが返されます。


注マーク

これらの構文は、使用するデータベースにより異なります。また Yes/No フィールドも、これとは異なる方式を使用している場合があります (3 つの状態ではなく、2 つの状態のみなど)。


パラメータークエリー

Parameter queries allow the user to input values at run-time. These values are used within the criteria for selecting the records to be displayed. Each such value has a parameter name associated with it, which is used to prompt the user when the query is run.

Parameter names are preceded by a colon in both the Design and SQL views of a query. This can be used wherever a value can appear. If the same value is to appear more than once in the query, the same parameter name is used.

In the simplest case, where the user enters a value which is matched for equality, the parameter name with its preceding colon is simply entered in the Criterion row. In SQL mode this should be typed as WHERE "Field" = :Parameter_name

警告マーク

Parameter names may not contain any of the characters <space>`!"$%^*()+={}[]@'~#<>?/,. They may not be the same as field names or SQL reserved words. They may be the same as aliases.


ヒント

A useful construction for selecting records based on parts of a text field's content is to add a hidden column with "LIKE '%' || :Part_of_field || '%'" as the criterion. This will select records with an exact match. If a case-insensitive test is wanted, one solution is to use LOWER (Field_Name) as the field and LIKE LOWER ( '%' || :Part_of_field || '%' ) as the criterion. Note that the spaces in the criterion are important; if they are left out the SQL parser interprets the entire criterion as a string to be matched. In SQL mode this should be typed as LOWER ( "Field_Name" ) LIKE LOWER ( '%' || :Part_of_field || '%' ).


Parameter queries may be used as the data source for subforms, to allow the user to restrict the displayed records.

パラメーター入力

The Parameter Input dialog asks the user to enter the parameter values. Enter a value for each query parameter and confirm by clicking OK or typing Enter.

The values entered by the user may consist of any characters which are allowable for the SQL for the relevant criterion; this may depend on the underlying database system.

ヒント

The user can use the SQL wild-card characters "%" (arbitrary string) or "_" (arbitrary single character) as part of the value to retrieve records with more complex criteria.


SQL モジュール

SQL とは「Structured Query Language」の略字であり、リレーショナルデータベースへのクエリーを実行と管理のためにの命令を表現するものです。

In LibreOffice you do not need any knowledge of SQL for most queries, since you do not have to enter the SQL code. If you create a query in the query designer, LibreOffice automatically converts your instructions into the corresponding SQL syntax. If, with the help of the Switch Design View On/Off button, you change to the SQL view, you can see the SQL commands for a query that has already been created.

You can formulate your query directly in SQL code. Note, however, that the special syntax is dependent upon the database system that you use.

If you enter the SQL code manually, you can create SQL-specific queries that are not supported by the graphical interface in the Query designer. These queries must be executed in native SQL mode.

By clicking the Run SQL command directly icon in the SQL view, you can formulate a query that is not processed by LibreOffice and sent directly to the database engine.

ご支援をお願いします!