エラー要素

存在しないテーブルまたはフィールドのクエリーを開くと、ダイアログ Missing Element が表示されます。このダイアログでは、見当たらないテーブル、または解釈不可能なフィールドを指定するとともに、処理の継続方法を選択できます。

このコマンドの見つけ方

In a database file window, click the Queries icon, then choose Edit - Edit.
If the referenced fields no longer exist, you see this dialog.


どのように処理しますか?

選択肢は 3 つあります。

クエリーを画像表示で開く。

要素が欠如しているにもかかわらず、クエリーをデザインビューで開けます。 このオプションを使用すると、ほかのエラーを無視する必要があるかどうかも指定できます。

クエリーをデザインの表示 (グラフィカルインタフェース) で開きます。見当たらないテーブルは空白で表示され、無効なフィールドはフィールドリスト内でその (無効な) 名前とともに表示されます。したがって、エラーの原因になったフィールドを正確に特定して対処できます。

クエリーを SQL 表示で開く

SQLモードでクエリデザインを開き、そのクエリをネイティブSQLとして解釈することができます。 ネイティブSQLモードを終了できるのは、LibreOffice ステートメントが完全に解釈されたときだけです(クエリ内で使われている表やフィールドが本当に存在しているときだけです)。

クエリーを開かない

手順を中止し、クエリーを開くべきではないことを指定できます。 このオプションは、キャンセル ダイアログボタンの機能に相当します。

この先全てのエラーを無視する。

最初のオプションを選択した場合に、エラー要素があるにもかかわらずクエリーをグラフィックビューで開くときは、ほかのエラーを無視するかどうかを指定できます。 したがって、現在クエリーを開いているプロセスでは、クエリーを正しく解釈できなくても、エラーメッセージは表示されません。

ご支援をお願いします!