レターウィザード

レターテンプレート用のウィザードを起動します。このテンプレートは、社用書簡および個人用書簡の両用途で使用できます。

このコマンドの見つけ方

Choose File - Wizards - Letter.


LibreOffice にはビジネスレターや個人レターの既成テンプレートが用意されています。ウィザードは、このテンプレートのカスタマイズを簡単に行うための機能です。一段階ずつドキュメントテンプレートの設定を行い、その際には様々なオプションが選択できます。ダイアログにはプレビューが表示され、設定がどのように反映されるかが確認できます。

ウィザードでは、随時設定をキャンセルしたり、ある段階をスキップしたりできます。スキップした設定には、既定値が適用されます。

レターウィザード - ページデザイン

Specifies whether you want to create a personal or a business letter. The available options on the following pages vary depending on your choice.

注マーク

ビジネスレターを作成する場合、レターの件名など、通常の個人レターでは使用しない各種の項目が必要となりますが、どのような項目をドキュメントに表示させるかは個別に指定できます。また 個人レター オプションを選択すると、ビジネスレター固有の項目は、ウィザードに表示されなくなります。


レターウィザード - レターヘッドのレイアウト

Allows you to specify the elements that are already imprinted on your letterhead paper. Those elements are not printed, and the space they occupy is left blank by the printer.

レターウィザード - 印刷項目

Defines the items to be included in the letter template.

レターウィザード - 受取人と差出人

Specifies the sender and recipient information.

レターウィザード - フッター

Specifies the information to include in the footer space.

レターウィザード - 名前と場所

Specifies where and under which name you want to save the document and template.

戻る

以前のステップで選択した項目が表示されます。現在の設定は保存されます。

次へ>>

現在の設定を保存し、次のページに進みます。最後のページでは、このボタンは無効になります。

完了

選択した項目に応じて、新しいドキュメントテンプレートが作成され、それがハードディスク上に保存されます。無題 X (X は通し番号です) という名前の新しいドキュメントが既存のテンプレートに基づいて作成され、LibreOffice の作業領域に表示されます。

注マーク

LibreOffice はこのウィザードの現在の設定を保存します。現在の設定は、次回ウィザードを呼び出すと、既定値として表示されます。


ご支援をお願いします!