LibreOffice の全般的なショートカットキー

注マーク

いくつかのショートカットキーがデスクトップシステムに割り当てられている場合があります。 デスクトップシステムに割り当てられているキーは LibreOffice には使用できません。 LibreOffice の ツール → カスタマイズ → キーボードタブを選択するか、またはデスクトップシステムで別のキー割り当てを行なってみてください。


ショートカットキーでコマンドを実行する

A great deal of your application's functionality can be called up by using shortcut keys. For example, the shortcut keys are shown next to the Open entry in the File menu. If you want to access this function by using the shortcut keys, press and hold down and then press the O key. Release both keys after the dialog appears.

ほぼすべての操作は、マウスとキーの両方で実行できます。

Entering Unicode Characters

You can enter arbitrary Unicode characters in the document typing the Unicode hexadecimal code point and then pressing (default). Type the Unicode hexadecimal notation and press to toggle between the Unicode character and its hexadecimal notation. Selection is not necessary but the conversion will apply to the selected characters. Toggling occurs on the characters prior to the cursor position when these characters form a valid Unicode hexadecimal point. Hexadecimal code points with value in the range U+0000 to U+0020 are not converted.

The default Unicode conversion shortcut is and in some locales where the default Unicode shortcut interferes with the main menu shortcut. To reassign the shortcut, choose Tools > Customize > Keyboard and select Category:Options with Function:Toggle Unicode Notation.

ショートカットキーによるダイアログ操作

There is always one element highlighted in any given dialog - usually shown by a broken frame. This element, which can be either a button, an option field, an entry in a list box or a check box, is said to have the focus on it. If the focal point is a button, pressing Enter runs it as if you had clicked it. A check box is toggled by pressing the Spacebar. If an option field has the focus, use the arrow keys to change the activated option field in that area. Use the Tab key to go from one element or area to the next one, use Shift+Tab to go in the reverse direction.

Pressing Esc closes the dialog without saving changes.

マウスとキーを組み合わせた操作

If you are using drag-and-drop, selecting with the mouse or clicking objects and names, you can use the keys Shift, and occasionally to access additional functionality. The modified functions available when holding down keys during drag-and-drop are indicated by the mouse pointer changing form. When selecting files or other objects, the modifier keys can extend the selection - the functions are explained where applicable.

便利なテキスト入力ボックス

  1. 有効なコマンドをコンテキストメニューで呼び出すことができます。

  2. Use +A to select the entire text. Use the right or left arrow key to remove the selection.

  3. 単語をダブルクリックすると、その単語全体が選択されます。

  4. 三重クリックをすると、その行全体が選択されます。

  5. Use +Del to delete everything from the cursor position to the end of the word.

  6. By using and right or left arrow key, the cursor will jump from word to word; if you also hold down the Shift key, one word after the other is selected.

  7. INSRT is used to switch between the insert mode and the overwrite mode and back again.

  8. ドラッグ&ドロップは、テキストボックスの内部および外部で使用できます。

  9. The +Z shortcut keys are used to undo modifications one step at a time; the text will then have the status it had before the first change.

  1. LibreOffice has an AutoComplete function which activates itself in some text and list boxes. For example, enter into the URL field and the AutoComplete function displays the first file or first directory found that starts with the letter "a".

  2. Use the Down Arrow key to scroll through the other files and directories. Use the Right Arrow key to also display an existing subdirectory in the URL field. Quick AutoComplete is available if you press the End key after entering part of the URL. Once you find the document or directory you want, press Enter.

マクロの実行を中断する

If you want to terminate a macro that is currently running, press +Shift+Q.

LibreOffice の一般的なショートカットキーのリスト

The shortcut keys are shown on the right hand side of the menu lists next to the corresponding menu command.

ダイアログ操作用のショートカットキー

ショートカットキー

Effect

Enterキー

Activates the focused button in a dialog.

(Esc)

アクションまたはダイアログをキャンセルする。LibreOffice ヘルプ: レベルをひとつ上げる

スペースキー

ダイアログ上の、フォーカスのあるチェックボックスをオンまたはオフにします。

矢印キー(方向キー)

ダイアログの「オプション」セクションで、アクティブなコントロールフィールドを変更する

(Tab)

ダイアログ上の、次の範囲にフォーカスを移す

(Shift)+(Tab)

ダイアログ上の、前の範囲または要素にフォーカスを移す

+ (下矢印)

Opens the list of the control field currently selected in a dialog. These shortcut keys apply not only to combo boxes but also to icon buttons with pop-up menus. Close an opened list by pressing the Esc key.


Shortcut keys for controlling documents and windows

ショートカットキー

Effect

+ (O)

ドキュメントを開く

+ (S)

現在のドキュメントの保存

+ (N)

新規ドキュメントの作成

+Shift+N

Opens the Templates dialog.

+ (P)

ドキュメントを印刷します。

+F

Activates the Find toolbar.

+H

検索と置換 ダイアログを呼び出す

+ (Shift) + (F)

前回の検索用語を再検索します。

+ (Shift) + (R)

ドキュメントビューを再描画します。

+Shift+I

読み取り専用テキスト内で選択カーソルを有効または無効にします。

LibreOffice ヘルプで概要ページにジャンプする

(Shift)+(F2)

Turns on Extended Tips for the currently selected command, icon or control.

(F6)

Sets focus in next subwindow, for example, document/data source view.

(Shift)+(F6)

前のサブウィンドウにフォーカスが移ります。

(F10)

Activates the first menu (File menu).

(Shift)+(F10)

コンテキストメニューを開きます。

Ctrl+Alt+Shift+Home

Shows/hides main menu.

+ (F4) または、 + (F4)

Closes the current document. Closes LibreOffice when the last open document is closed.

+ (Q)

アプリケーションの終了


Shortcut keys for editing or formatting documents

ショートカットキー

Effect

+ (Tab)

ヘッダーの冒頭に位置している場合、タブが挿入されます。

(Enter)(OLE オブジェクトが選択されている場合)

選択した OLE オブジェクトをアクティブにする

(Enter)(図形描画オブジェクトまたはテキストオブジェクトが選択されている場合)

テキスト入力モードをアクティブにする

+ (X)

選択されている部分を切り取る

+ (C)

選択されている部分をコピーします。

+ (V)

クリップボードから貼り付けます。

+Shift+V

クリップボードから書式設定されてないテキストを貼り付けます。貼り付けられたテキストには挿入位置の書式が使われます。

+ (Shift) + (V)

形式を指定して貼り付け ダイアログが表示されます。

+ (A)

全てを選択する

+ (Z)

元に戻す

最後に実行した操作を再実行する

+ (Shift) + (Y)

最後のコマンドを繰り返します。

+ (I)

The "Italic" attribute is applied to the selected area. If the cursor is positioned in a word, this word is also marked in italic.

+ (B)

The "Bold" attribute is applied to the selected area. If the cursor is positioned in a word, this word is also put in bold.

+ (U)

The "Underlined" attribute is applied to the selected area. If the cursor is positioned in a word, this word is also underlined.

+M

Removes direct formatting from selected text or objects (as in Format - Clear Direct Formatting).


ギャラリーのショートカットキー

ショートカットキー

Effect

(Tab)

範囲を切り替える

(Shift)+(Tab)

Moves backwards between areas.


Shortcut keys in the New Theme area of the Gallery:

ショートカットキー

Effect

上向き矢印キー

選択を 1 つ上へ移動する

下向き矢印キー

選択を下へ移動する

+ (Enter)

Opens the Properties dialog.

(Shift)+(F10)

コンテキストメニューを開く

+ (U)

選択したテーマを更新する

+ (R)

タイトルの入力 ダイアログが表示されます。

+ (D)

選択したテーマを削除する

挿入

Inserts a new theme.


Shortcut keys in the Gallery Preview area:

ショートカットキー

Effect

(Home)

最初の項目にジャンプする

(End)

最後の項目にジャンプする

左向き矢印キー

左にある次のギャラリー要素を選択する

右向き矢印キー

右にある次のギャラリー要素を選択する

上向き矢印キー

すぐ上の次のギャラリー要素を選択する

下向き矢印キー

下にある次のギャラリー要素を選択する

(PageUp)

Scrolls up one screen.

次のページ

Scrolls down one screen.

+ (Shift) + (Insert)

選択したオブジェクトをリンクされたオブジェクトとして現在のドキュメントに挿入する

+ (I)

選択したオブジェクトをコピーして現在のドキュメントに挿入する

+ (T)

タイトルの入力 ダイアログが表示されます。

+ (P)

テーマ表示とオブジェクト表示を切り替えます。

スペースキー

テーマ表示とオブジェクト表示を切り替えます。

Enterキー

テーマ表示とオブジェクト表示を切り替えます。

Step backward (only in object view).

全体表示に戻る


Selecting Rows and Columns in a Database Table (opened by +Shift+F4 keys)

ショートカットキー

Effect

スペースキー

セルが編集モードでない場合、現在の行の選択と選択の解除を切り替える

+スペースキー

Toggles row selection.

Shift + スペースキー

Selects the current column.

+Page Up

Moves pointer to the first row.

+Page Down

Moves pointer to the last row.


図形描画オブジェクト用ショートカットキー

ショートカットキー

Effect

Select the toolbar with F6. Use the Down Arrow and Right Arrow keys to select the desired toolbar icon and press +Enter.

図形描画オブジェクトの挿入

Select the document with +F6 and press Tab.

図形描画オブジェクトを選択する

(Tab)

次の図形描画オブジェクトを選択する

(Shift)+(Tab)

前の図形描画オブジェクトを選択する

+ (Home)

最初の図形描画オブジェクトを選択する

+ (End)

最後の図形描画オブジェクトを選択する

(Esc)

図形描画オブジェクトの選択を終了する

ハンドルで(Esc)– 選択モード

Exits Handle Selection Mode and return to Object Selection Mode.

上、下、左、右矢印キー

Moves the selected point (the snap-to-grid functions are temporarily disabled, but end points still snap to each other).

+ (上矢印)、(下矢印)、(左矢印) または (右矢印)

Moves the selected drawing object one pixel (in Selection Mode).

Resizes a drawing object (in Handle Selection Mode).

Rotates a drawing object (in Rotation Mode).

Opens the properties dialog for a drawing object.

選択した図形描画オブジェクトの制御点の編集モードをオンにする

スペースキー

Selects a point of a drawing object (in Point Selection mode) / Cancel selection.

選択した制御点のサイズを1秒ごとに変える

Shift + スペースキー

Selects an additional point in Point Selection mode.

+ (Tab)

Selects the next point of the drawing object (Point Selection mode).

In Rotation mode, the center of rotation can also be selected.

+Shift+Tab

Selects the previous point of the drawing object (Point Selection mode)

+ (Enter)

図形描画オブジェクトが、デフォルトのサイズで現在の表示の中央部に新規に描画されます。

+Enter at the Selection icon

ドキュメント上の最初の図形描写オブジェクトをアクティブにする

(Esc)

Leaves the Point Selection mode. The drawing object is selected afterwards.

Edits a point of a drawing object (Point Edit mode).

(F2)または(Enter)または(任意の印刷可能な文字)

図形描画オブジェクトを選択している場合、編集モードに切り替わり、図形描画オブジェクト内のテキストの末尾にカーソルが置かれます。印刷可能文字が挿入されます。

+ (上矢印)、(下矢印)、(左矢印) または (右矢印)

オブジェクトの中央の位置は固定です。

図オブジェクトを作成または拡大縮小するときの Shift キー

オブジェクトの幅と高さの比率は固定です。


ご支援をお願いします!