テキスト

ダイアログ データベースの列の挿入 でオプション テキスト を選択すると、データソースブラウザで選択したデータの内容がテキストとしてドキュメントに挿入されます。このダイアログでは、転送するデータベースフィールド (列) と、テキストの書式を設定できます。

複数のレコードを選択してアイコン データをテキストに挿入 をクリックすると、そのレコードの数に応じて差し込み印刷フィールドが挿入されます。

テキスト

テキスト の矢印ボタンで、データベーステーブルのどの列でフィールドを現在のドキュメントに挿入するかを選択します。

データベース列

データベーステーブルのすべての列が表示されます。ここに表示されている列は、ドキュメントに挿入するための選択リストボックスに移動できます。ドキュメントに挿入するデータベース列を選択します。

>

Moves the fields that you selected in the Database columns list box into the selection field. You can also double-click the entry to select it.

選択

ドキュメントに挿入するために選択したデータベース列のリストです。ここでテキストを入力することもできます。ここで入力したテキストもドキュメントに挿入されます。選択フィールドの順序によって、ドキュメント内のデータの順序が定まります。

書式

ここで、データベースフィールドの内容をドキュメントに挿入する時の書式を決めます。

データベースから

データベースの書式を受け入れます。

選択

特定のデータフィールドの書式設定情報が受け入れられない場合、リストから書式設定を指定します。 ここに指定される書式は、数字フィールドや論理フィールドなどの特定のデータベースフィールドにしか使用できません。テキスト書式のデータベースフィールドが選択されていると、自動的にそのテキスト書式が保持されるため、選択リストで書式を選択することはできません。

希望する書式がない場合は、「その他の書式...」の項目を選択して、数の書式 ダイアログで希望する書式を指定します。

選択リストを使って数の書式の割り当ては、かならず、データベース列 のリストボックスで選択したデータベースフィールドに適用されます。

段落スタイル

標準では、挿入した段落の書式設定は現在の段落スタイルに従います。この書式は、リストボックス 段落スタイル の「なし」に対応します。このリストボックスを使って、ドキュメントに挿入する段落にその他の段落スタイルを適用できます。リストボックス 段落スタイル には、LibreOffice 内で定義されていて、スタイルのカタログで管理できる段落スタイルが表示されます。

ご支援をお願いします!