テーブル構成要素ウィザード

ドキュメントにテーブルコントロールを挿入すると、テーブル構成要素ウィザード が自動的に開始されます。このウィザードでは、テーブルコントロールに表示する内容を対話式に指定できます。

このコマンドの見つけ方

フォームコントロール ツールバーを開き、コントロールの選択 アイコンをクリックし、テーブルコントロール アイコンをクリックし、マウスをドラッグしてフィールドを作成します。


注マーク

ウィザードのオン/オフ アイコンでウィザードの自動起動をオフにできます。


テーブル構成要素、リストボックス、およびコンボボックス ウィザード: データ

フォームフィールドに対応するデータソースとテーブルを選択します。データソースにすでに関連付けられているドキュメントにフォームフィールドを挿入した場合、このページは表示されません。

テーブル構成要素ウィザード: フィールド選択

ここでは、テーブルコントロールにどのフィールドを表示するのかを選択します。

キャンセル

キャンセル をクリックすると、変更点を保存しないでダイアログを閉じます。

キャンセル

Closes dialog and discards all changes.

元に戻す

View the selections in the dialog made in the previous step. The current settings remain unchanged. This button can only be activated from page two on.

次へ

Click the Next button, and the wizard uses the current dialog settings and proceeds to the next step. If you are on the last step, this button becomes Create.

ご支援をお願いします!