HTML のインポートとエクスポート

ファイルを HTML 形式ドキュメントにエクスポートする際に、ユーザーの記入したプロパティなどのファイル情報は、HEAD タグの間に META タグとして挿入されます。META タグとは、Web ブラウザー上の表示に関係するものではなく、たとえば検索エンジン用のキーワードなどの情報を Web ページ中に埋め込むのに使われます。現在のドキュメントのプロパティを設定するには、メニュー ファイル → プロパティ を選択して、概要 タブか ユーザー タブをクリックして、必要な情報を入力します。

ファイルを HTML 形式ドキュメントにエクスポートする際に、META タグとして登録される情報は、下記のファイルプロパティです。

ファイルプロパティ

<TITLE>

テーマ

<META NAME="CLASSIFICATION" CONTENT="フィールドの内容">

キーワード

<META NAME="KEYWORDS" CONTENT="フィールドの内容">

説明

<META NAME="DESCRIPTION" CONTENT="フィールドの内容">

情報フィールドの 1 から 4

<META NAME="情報フィールドの名前" CONTENT="フィールドの内容">


注マーク

META タグが埋め込まれた HTML 形式ファイルをインポートする場合、これらのタグの内容は、対応する LibreOffice ファイルプロパティのボックスに取り込まれます。


ヒント

キーワードはコンマで区切る必要があります。キーワードには、空白文字、セミコロンを含むことができます。


インポートする際のヒント

HTML ドキュメントをインポートすると、<META HTTP-EQUIV="REFRESH"...> および <META NAME="..." ...> の META タグは自動的に LibreOffice のフィールドに変換されます。ここでタグ中の NAME の部分には AUTHOR、CREATED、CHANGED、CHANGEDBY、DESCRIPTION、KEYWORDS、または、CLASSIFICATION が入ります。

TABLE タグの直前に置かれたスクリプト、コメント、META タグは、表の最初のセルに挿入されます。

HTML 形式ドキュメントのヘッダー部に置かれたスクリプトと META タグは、インポート時にドキュメントの最初の段落にアンカーされます。

HTML タグをインポートするときのオプションは、 → 読み込み / 保存 → HTML 互換性 で設定します。"HTTP-EQUIV" または "NAME" を含む META タグは既知として扱われ、インポートでは LibreOffice のコメントに変換されます。しかし例外として<META NAME="GENERATOR"...> だけは無視されます。

エクスポートする際のヒント

ドキュメントの最初の段落の始まりにあるコメントやスクリプトフィールドは、HTML 形式ドキュメントのヘッダーにエクスポートされます。表で始まるドキュメントの場合、テーブルの最初のセルにある第 1 段落が、HTML 形式ドキュメントのヘッダーにエクスポートされます。

ご支援をお願いします!