Spelling

Checks the document or the current selection for spelling errors. If a grammar checking extension is installed, the dialog also checks for grammar errors.

このコマンドの見つけ方

Choose Tools - Spelling.

(F7)

On the Standard bar, click

アイコン

Spelling


スペルと文法のチェック

スペルチェックは現在のカーソル位置から開始され、ドキュメントの最後または選択範囲の最後に向かって行われます。引き続き、ドキュメントの先頭からスペルチェックを行うことを選択できます。

Spelling looks for misspelled words and gives you the option of adding an unknown word to a user dictionary. When the first misspelled word is found, the Spelling dialog opens.

Spelling errors are underlined in red, grammar errors in blue. First the dialog presents all spelling errors, then all grammar errors.

Enable Check grammar to work first on all spelling errors, then on all grammar errors.

辞書にありません

ミススペルのある単語が強調表示された文が表示されます。単語や文を編集するか、または下のテキストボックスに表示される修正候補のいずれかをクリックします。

候補

Lists suggested words to replace the misspelled word. Select the word that you want to use, and then click Correct or Correct All.

テキスト言語

スペルチェックの使用言語を指定します。

この言語に対してスペルチェックがアクティブになっている場合、言語項目の前にチェックマークが付いています。

オプション

ダイアログを開いて、ユーザー定義辞書の選択、スペルチェック規則の設定を行うことができます。

辞書の編集

選択されたユーザー辞書に対して、単語 ボックスにテキストを追加登録します。

1 つ無視

不明の単語をスキップし、スペルチェックは継続されます。

注マーク

This label of this button changes to Resume if you leave the Spelling dialog open when you return to your document. To continue the spellcheck from the current position of the cursor, click Resume.


すべて無視

Skips all occurrences of the unknown word until the end of the current LibreOffice session and continues with the spellcheck.

Correct

不明な単語を候補の単語にすべて置換するか、または 単語 ボックスで入力したテキストに置換します。

Correct All

不明の単語を候補の単語にすべて置換するか、または 単語 ボックスで入力したテキストに置換します。

元に戻す

編集中の文で、もっとも新しい変更を取り消します。もう一度クリックすると、同じ文に対するその前の変更を取り消します。

ご支援をお願いします!