図形描画オブジェクト用のショートカットキー

キーボードを使用してオブジェクトの作成と編集が行えます。

注マーク

いくつかのショートカットキーがデスクトップシステムに割り当てられている場合があります。 デスクトップシステムに割り当てられているキーは LibreOffice には使用できません。 LibreOffice の ツール → カスタマイズ → キーボードタブを選択するか、またはデスクトップシステムで別のキー割り当てを行なってみてください。


オブジェクトの作成と編集

  1. 図形描画 バーをナビゲートするには、(F6) キーを押します。

  2. 図形描画ツールのツールバーアイコンに到達するまで、 矢印キーを押します。

  3. アイコンの横に矢印がある場合、図形描画ツールはサブツールバーを開きます。 または 矢印キーを押してサブツールバーを開き、 または キーを押してアイコンを選択します。

  4. Press +Enter.

    現在表示されているドキュメントの中央にオブジェクトが作成されます。

  5. To return to the document, press +F6.

    矢印キーを使用すると、オブジェクトを移動できます。オブジェクトのコンテキストメニューからコマンドを選択するには、(Shift) + (F10) を押します。

オブジェクトの選択

  1. Press +F6 to enter the document.

  2. 選択するオブジェクトに到達するまで、Tab キーを押します。

ご支援をお願いします!