数式付きの CSV テキストファイルのインポートとエクスポート

CSV (Comma Separated Values) ファイルとは、単一のシートのセルの内容が入っているテキストファイルのことです。セルの区切り記号としては、コンマやセミコロンなとの文字を使用できます。テキスト文字列は引用符で囲まれますが、数字は引用符で囲まれません。

CSV ファイルをインポートします。

  1. ファイル → 開く を選択します。

  2. ファイルの種類 から「Text CSV」を選択します。ファイルを選択して 開く ボタンをクリックします。ファイル名に拡張子 .csv が付いている場合は、自動認識されます。

  3. テキストインポートダイアログが表示されます。OKをクリックします。

ヒント

csv ファイルに数式が含まれているが、それらの数式の結果をインポートしたいときは → LibreOffice Calc → 表示 を選択して、 数式 のチェックをオフにします。


CSV ファイルとして数式と値をエクスポートする

  1. CSV ファイルとして書き出すシートをクリックします。

  2. 数式を数式の形式 (例えば =SUM(A1:B5)) のままエクスポートする場合は、次のように操作します:

    - LibreOffice Calc - 表示 を選択します。

    表示 の下にある 数式 をオンにします。「OK」をクリックします。

    数式ではなく計算結果をエクスポートする場合は、数式 をオフにします。

  3. メニュー ファイル → 名前を付けて保存 を選択して 名前を付けて保存 ダイアログを開きます。

  4. ファイルの種類フィールドで"テキスト CSV"フォーマットを選びます。

  5. 名前を付けた上で 保存 ボタンをクリックします。

  6. ダイアログ テキストのエクスポート が表示されます。このダイアログから、エクスポートするデータの文字セット、フィールドの区切り記号、テキストの区切り記号を選択して、OK をクリックします。

  7. 保存後に 数式 チェックボックスをオフにすると、表には再び計算結果が表示されます。

ご支援をお願いします!