ピボットテーブル

ピボットテーブルで生成された表のレイアウトを指定します。

このコマンドの見つけ方

Choose Insert - Pivot Table, in the Select Source dialog choose the option Current selection.

Choose Insert - Pivot Table, in the Select Source dialog choose the option Data source registered in LibreOffice, click OK to see Select Data Source dialog.


ピボットテーブル

ピボットテーブルでは、データフィールドがボタンとして表示されます。このボタンをドラッグ&ドロップするだけで、ピボットテーブルを定義できます。

レイアウト

ピボットテーブルのレイアウトを定義するには、ページフィールド、行フィールド、列フィールド および データフィールド の範囲にデータフィールドを示すボタンをドラッグ&ドロップします。また、ピボットテーブル内では、ボタンをドラッグ&ドロップで自由に配置できます。

LibreOffice は、データフィールド 範囲にドラッグ&ドロップされたボタンに自動的にタイトルを付けます。ボタンのタイトルには、データフィールドの名前とそのデータを作成した数式が含まれます。

データフィールドで使用される関数を変更するには、データフィールド 範囲にあるボタンをダブルクリックします。すると、データフィールド ダイアログが開きます。また、行フィールド または 列フィールド の範囲にあるボタンもダブルクリックできます。

詳細

ピボットテーブルを定義する詳細なオプションを表示または非表示にします。

数式の結果

ピボットテーブルの結果を表示するための設定を指定します。

選択

現在のピボットテーブル用のデータを含んでいる領域を選択してください。

結果貼り付け先

ピボットテーブルの結果を表示する場所を選択します。

縮小/拡大

Click the Shrink icon to reduce the dialog to the size of the input field. It is then easier to mark the required reference in the sheet. The icons then automatically convert to the Maximize icon. Click it to restore the dialog to its original size.

シートの中でマウスボタンを押した状態である範囲を選択すると、ダイアログが自動的に縮小されます。マウスボタンを離すとダイアログが元の大きさに戻り、選択したドキュメント内の範囲参照が青い枠付きで表示されます。

Icon

縮小

Icon

拡大

警告マーク

この場所を選択すると、ピボットテーブルはデータを上書きします。既存のデータを消去しないために、ピボットテーブルに自動的に範囲を選択させ、結果を表示させます。


空白行を無視する

データソースの空のフィールド (空白行) を無視します。

分類項目の認識

項目欄がない行を自動的にひとつ上の項目に分類します。

列の総計

列の総計を計算および表示します。

行の総計

行の総計を計算および表示します。

フィルターの追加

表計算ドキュメントのデータに基づいて、ピボットテーブルに フィルターボタンを追加します。

フィルターダイアログを開きます。

ドリルを詳細まで有効化

項目の詳細の表示または非表示を切り替えるには、このチェックボックスを選択して、表内の項目ラベルをダブルクリックします。セルの内容を編集するには、このチェックボックスをクリアして、表内のセルをダブルクリックします。

ピボットテーブル内で詳細を調べる

次のいずれかを行います。

同じレベルの隣接フィールドを持つフィールドをダブルクリックすると、詳細を表示する ダイアログが開きます。

詳細を表示する

詳細を表示するフィールドを選択します。

ご支援をお願いします!