オプション

並べ替えの詳細なオプションを設定します。

このコマンドの見つけ方

Choose Data - Sort - Options tab.


大文字と小文字を区別する

まず大文字で並べ替えて、次に小文字で並べ替えます。 アジア言語の場合、特殊な処理がなされます。

注マーク

アジア言語向けの注記: マルチレベル照合を適用するには、大文字と小文字を区別する をオンにします。 マルチレベル照合では、最初に大文字/小文字の区別と発音区別符号を無視した状態で、エントリのプリミティブフォームを比較します。 一致すると判断された場合は、発音区別符号も二次レベル比較の対象として考慮されます。 それでも一致すると判断された場合は、大文字/小文字の区別、文字幅、日本語のかなの違いが三次レベルの比較として考慮されます。


列/行ラベルを含む範囲

選択範囲内の最初の行または最初の列をソートの対象から除外します。 ダイアログの下部にある 方向 設定は、このチェックボックスの名前と関数を示します。

書式を含む

セルの現在の書式を保持します。

自然順の並べ替えを有効にする

Natural sort is a sort algorithm that sorts string-prefixed numbers based on the value of the numerical element in each sorted number, instead of the traditional way of sorting them as ordinary strings. For instance, let's assume you have a series of values such as, A1, A2, A3, A4, A5, A6, ..., A19, A20, A21. When you put these values into a range of cells and run the sort, it will become A1, A11, A12, A13, ..., A19, A2, A20, A21, A3, A4, A5, ..., A9. While this sorting behavior may make sense to those who understand the underlying sorting mechanism, to the rest of the population it seems completely bizarre, if not outright inconvenient. With the natural sort feature enabled, values such as the ones in the above example get sorted "properly", which improves the convenience of sorting operations in general.

並べ替え結果の貼り付け先

並べ替えたリストを指定されたセル範囲にコピーします。

並べ替え結果

並べ替えたリストを表示するセル範囲を指定するか、入力ボックスにセル範囲を入力します。

並べ替え結果

並べ替えたリストを表示するセル範囲を入力するか、リストから名前付きのセル範囲を選択します。

順序の指定

このチェックボックスをオンにすると、ユーザー定義の並べ替え順序を選択できます。

順序の指定

適用するユーザー定義の並べ替え順序を選択します。ユーザー定義の並べ替え順序を定義するには LibreOffice Calc → 順序リスト を選択します。

言語

言語

並べ替えに使用する言語を選択します。

オプション

選択した言語の並べ替えオプションを選択します。 たとえば、ドイツ語用の「電話帳」オプションを選択すると、並べ替えでウムラウト特殊記号が考慮されます。

方向

上から下へ (行を並べ替える)

選択した範囲の現在の列にある値で行を並べ替えます。

左から右へ (列を並べ替える)

選択した範囲の現在の行にある値で列を並べ替えます。

データ範囲

並べ替えを行うセル範囲が表示されます。

ご支援をお願いします!