統計関数3

CONFIDENCE.T

正規分布の信頼区間の (1- アルファ) を返します。

tip

この関数は LibreOffice 4.2 以降で利用できます。


Syntax

CONFIDENCE(α; 標準偏差; 大きさ)

α は、信頼率です。信頼率 95% の α は 0.05 となります。

標準偏差 は、母集合全体の標準偏差です。

標本数 は、標本の大きさです。

Example

=CONFIDENCE(0.05;1.5;100) は、0.29 を返します。

CONFIDENCE.NORM

正規分布の信頼区間の (1- アルファ) を返します。

tip

この関数は LibreOffice 4.2 以降で利用できます。


Syntax

CONFIDENCE(α; 標準偏差; 大きさ)

α は、信頼率です。信頼率 95% の α は 0.05 となります。

標準偏差 は、母集合全体の標準偏差です。

標本数 は、標本の大きさです。

Example

=CONFIDENCE(0.05;1.5;100) は、0.29 を返します。

COVAR

2 つのデータの共分散を返します。

Syntax

COVAR(データ 1; データ 2)

データ 1 は、最初のデータセットです。

データ 2 は、2 番目のデータセットです。

Example

=COVAR(A1:A30;B1:B30)

CORREL

2 つのデータセット間の積率相関係数を返します

Syntax

CORREL(データ 1; データ 2)

データ 1 は、最初のデータセットです。

データ 2 は、2 番目のデータセットです。

Example

=CORREL(A1:A50;B1:B50) は、2 つのデータセットの線形相関の尺度として相関係数を計算します。

COVARIANCE.S

Returns the covariance of the product of paired deviations, for a sample of the population.

tip

この関数は LibreOffice 4.2 以降で利用できます。


Syntax

COVARIANCE.S(Data1; Data2)

データ 1 は、最初のデータセットです。

データ 2 は、2 番目のデータセットです。

Example

=COVAR(A1:A30;B1:B30)

COVARIANCE.P

Returns the covariance of the product of paired deviations, for the entire population.

tip

この関数は LibreOffice 4.2 以降で利用できます。


Syntax

COVARIANCE.P(Data1; Data2)

データ 1 は、最初のデータセットです。

データ 2 は、2 番目のデータセットです。

Example

=COVAR(A1:A30;B1:B30)

CRITBINOM

Returns the smallest value for which the cumulative binomial distribution is greater than or equal to a criterion value.

Syntax

CRITBINOM(試行回数;成功率;α)

試行回数 は、試行の総回数です。

成功率 は、1回の試行が成功する確率です。

α は基準値で、二項分布の分布関数の値がこの値以上になるように指定します。

Example

=CRITBINOM(100;0.5;0.1) は、44 を返します。

LOGNORMDIST

ガンマ分布の値を返します。

Syntax

LOGNORMDIST(Number [; Mean [; StDev [; Cumulative]]])

数値 は、関数に代入する数値です。

平均値 は、対数正規分布の平均値です。

標準偏差 は、標準対数分布の標準偏差です。

累積 (オプション) = 0 は密度関数を計算します。累積 = 1 は分布を計算します。

Example

=LOGNORMDIST(0.1;0;1) は、0.01 を返します。

LOGNORM.DIST

ガンマ分布の値を返します。

tip

この関数は LibreOffice 4.3 以降で利用できます。


Syntax

LOGNORMDIST(数値; 平均; 標準偏差; 累積)

数値 は、関数に代入する数値です。

平均値 は、対数正規分布の平均値です。

標準偏差 は、標準対数分布の標準偏差です。

累積 (オプション) = 0 は密度関数を計算します。累積 = 1 は分布を計算します。

Example

=LOGNORMDIST(0.1;0;1) は、0.01 を返します。

KURT

データセットの尖度を返します。少なくとも 4 つの値を入力する必要があります。

Syntax

KURT(Number 1 [; Number 2 [; … [; Number 255]]])

Number 1, Number 2, … , Number 255 are numbers, references to cells or to cell ranges of numbers.

The parameters should specify at least four values.

Example

=KURT(A1;A2;A3;A4;A5;A6)

LOGINV

対数正規分布のパーセント点を返します。

Syntax

LOGINV(Number [; Mean [; StDev]])

確率 とは、計算に使用する確率です。

平均値 は、対数正規分布の平均値です。

標準偏差 は、標準対数分布の標準偏差です。

Example

=LOGINV(0.05;0;1) は、0.19 を返します。

LOGNORM.INV

対数正規分布のパーセント点を返します。

This function is identical to LOGINV and was introduced for interoperability with other office suites.

tip

この関数は LibreOffice 4.3 以降で利用できます。


Syntax

NORMINV(数値;平均値;標準偏差)

確率 とは、計算に使用する確率です。

平均値 は、対数正規分布の平均値です。

標準偏差 は、標準対数分布の標準偏差です。

Example

=LOGINV(0.05;0;1) は、0.19 を返します。

LARGE

指定されたデータの中で Rank_c 番目に大きなデータを返します。

note

This function is part of the Open Document Format for Office Applications (OpenDocument) standard Version 1.2. (ISO/IEC 26300:2-2015)


Syntax

LARGE(データ; ランク C)

データ は、対象となるデータが入力されているセル範囲です。

RankC is the ranking of the value. If RankC is an array, the function becomes an array function.

Example

=LARGE(A1:C50;2) gives the second largest value in A1:C50.

=LARGE(A1:C50;B1:B5) entered as an array function gives an array of the c-th largest value in A1:C50 with ranks defined in B1:B5.

SMALL

指定されたデータの中で Rank_c 番目に小さなデータを返します。

note

This function is part of the Open Document Format for Office Applications (OpenDocument) standard Version 1.2. (ISO/IEC 26300:2-2015)


Syntax

SMALL(データ; ランク C)

データ は、対象となるデータが入力されているセル範囲です。

RankC is the rank of the value. If RankC is an array, the function becomes an array function.

Example

=SMALL(A1:C50;2) gives the second smallest value in A1:C50.

=SMALL(A1:C50;B1:B5) entered as an array function gives an array of the c-th smallest value in A1:C50 with ranks defined in B1:B5.

CONFIDENCE

正規分布の信頼区間の (1- アルファ) を返します。

Syntax

CONFIDENCE(α; 標準偏差; 大きさ)

α は、信頼率です。信頼率 95% の α は 0.05 となります。

標準偏差 は、母集合全体の標準偏差です。

標本数 は、標本の大きさです。

Example

=CONFIDENCE(0.05;1.5;100) は、0.29 を返します。

ご支援をお願いします!