連続データの作成

Automatically generate series with the options in this dialog. Determine direction, increment, time unit and series type.

注マーク

セル範囲を選択した上で、連続データを作成します。


このコマンドの見つけ方

Choose Sheet - Fill Cells - Series.


連続データオートコンプリート と組み合わせると、LibreOffice は連続データの並び方を検出してセルに自動的に内容を挿入します。

方向

連続データを作成する方向を決定します。

下へ

指定されたセル範囲の上から下に向かって連続データを作成します。このとき、指定された増分値と停止値を使用します。

右に

指定されたセル範囲の左から右に向かって連続データを作成します。このとき、指定された増分値と停止値を使用します。

上へ

指定されたセル範囲の下から上に向かって連続データを作成します。このとき、指定された増分値と停止値を使用します。

左に

指定されたセル範囲の右から左に向かって連続データを作成します。このとき、指定された増分値と停止値を使用します。

連続データの種類

Defines the series type. Choose between Linear, Growth, Date and AutoFill.

足し算

連続データを「足し算」で作成します。このとき、指定された増分値と停止値を使用します。

掛け算

連続データを「掛け算」で作成します。このとき、指定された増分値と停止値を使用します。

日付

連続データを「日付」として作成します。このとき、指定された増分値と停止値を使用します。

オートコンプリート

Forms a series directly in the sheet. The AutoFill function takes account of customized lists. For example, by entering January in the first cell, the series is completed using the list defined under - LibreOffice Calc - Sort Lists.

オートコンプリートは連続する値からパターンを割り出して残りの値を作成します。たとえば、1、3、5 からは 7、9、11、13 … のような値を作成します。日付と時刻も同様です。たとえば、99/01/01、99/01/15 からは 99/01/29、99/02/12、99/02/26 … のように 14 日ごとの日付を作成します。

隣接セルにデータを自動入力する

時間の単位

ここでは時間の単位 (日、平日、月、年) を選択できます。「時間の単位」を選択できるのは、「連続データの種類」でオプション 日付 を選択している場合だけです。

Use the Date series type and this option to create a series using all seven days of the week. Unit of Increment is day.

平日

Use the Date series type and this option to create a series only using the five weekdays. Unit of Increment is day.

Use the Date series type and this option to form a series which unit of Increment is month.

Use the Date series type and this option to create a series which unit of Increment is year.

開始値

連続データの開始値を指定します。開始値には、数値、日付、または時刻を指定します。

停止値

連続データの停止値を指定します。停止値には、数値、日付、または時刻を指定します。

増分

「増分」という用語は、値を増やす量を示します。つまり、選択した連続データをどれだけ増やすかを指定します。増分を指定できるのは、「足し算」、「掛け算」、まはた「日付」を選択している場合だけです。

ご支援をお願いします!