UNO Objects, Functions and Services

Functions, objects and services of Unified Network Objects (UNO).

LibreOffice Global Objects

StarDesktop object

The StarDesktop object represents LibreOffice application. Some routines or user interface objects such as current window can be used via StarDesktop.

GetDefaultContext Function

(存在する場合は) プロセスサービスファクトリのデフォルトコンテキストを返します。存在しない場合は null 参照を返します。

GetProcessServiceManager Function

ProcessServiceManager (セントラル Uno ServiceManager) を返します。

GlobalScope specifier

To manage personal or shared library containers (LibreOffice Macros or My Macros) from within a document, use the GlobalScope specifier.

Active document Objects

The following objects can be used from the active document.

BasicLibraries Object

DialogLibraries Object

ThisComponent Object

ThisComponent represents the current document in Basic macros. It addresses the active component whose properties can be read and set, and whose methods can be called. Properties and methods available through ThisComponent depend on the document type.

ThisDatabaseDocument object

ThisDatabaseDocument addresses the active Base document whose properties can be read and set, and whose methods can be called.

ThisDatabaseDocument returns an object of type com.sun.star.sdb.XOfficeDatabaseDocument.

UNO Methods

Use the following methods to manage or query Unified Network Objects (UNO).

CreateUnoStruct Function

Uno 構造型のインスタンスを作成します。

CreateUnoService Function

ProcessServiceManager で Uno サービスのインスタンスを作成します。

CreateUnoDialog Function

Basic 実行時に Uno ダイアログコントロールを示す Basic Uno オブジェクトを作成します。

CreateUnoListener Function

リスナーインスタンスを作成します。

CreateUnoValue Function

Uno タイプを明示的に指定された値を示すオブジェクトを返します。

CreateObject Function

UNO オブジェクトを作成します。Windows では、OLE オブジェクトも作成できます。

このメソッドにより、パラメーターとして渡されるタイプのインスタンスが作成されます。

EqualUnoObjects Function

2 つの Basic Uno オブジェクトが同一の Uno オブジェクトインスタンスを示す場合、True を返します。

CreateUnoService Function

ProcessServiceManager で Uno サービスのインスタンスを作成します。

HasUnoInterfaces Function

特定の Uno インタフェースを Basic Uno オブジェクトがサポートしているかを確認します。

IsUnoStruct Function

与えられたオブジェクトが Uno 構造型であれば True を返します。

note

LibreOfficeは、LibreOfficeDevソフトウェア開発キット(SDK)を使用して、さまざまなプログラミング言語からLibreOfficeコンポーネントを制御するアプリケーション プログラミング インターフェース(API)を提供しています。LibreOffice APIおよびソフトウェア開発キットの詳細については、https://api.libreoffice.orgを参照してください。


ご支援をお願いします!