CreateUnoListener Function

リスナーインスタンスを作成します。

Uno インタフェースの多くでは、リスナーを特殊なリスナーインタフェースに登録することができます。これにより、特定のイベントの発生を監視して、必要なリスナーメソッドを呼び出すことができます。CreateUnoListener 関数は、呼び出されたリスナーインタフェースの到着を待ち、そのインタフェースのサポートするオブジェクトへ、インタフェースを引き渡します。次にこのオブジェクトはメソッドへ引き渡されてリスナーが登録されます。

Syntax:

oListener = CreateUnoListener( Prefixname, ListenerInterfaceName )

Example:

下記の例は、Basicライブラリオブジェクトをベースにしています。


Dim oListener
oListener = CreateUnoListener( "ContListener_","com.sun.star.container.XContainerListener" )

CreateUnoListener メソッドは、2 つのパラメーターを使用します。1 番目のパラメーターはプレフィックスで、詳細は後述します。2 番目のパラメーターは、使用する Listener インタフェースの完全な名前です。

Listener は Broadcaster Object に追加する必要があります。この処理は、Listener 追加用のメソッドを呼び出すことで実行します。通常こうしたメソッドの取るパターンは「addFooListener」という形式で、ここで「Foo」が Listener Interface Type で「X」は付きません。ここでの例では、addContainerListener メソッドを呼び出して XContainerListener を登録しています。


Dim oLib
oLib = BasicLibraries.Library1 ' Library1 の存在が必要
oLib.addContainerListener( oListener ) ' リスナーの登録

これで Listener が登録されます。イベントが発生すると、該当する Listener が com.sun.star.container.XContainerListener Interface から呼び出されます。

プレフィックスは、登録したListenerをBasicサブルーチンから呼び出します。Basicの実行時システムは、「PrefixListenerMethod」という名前のBasicサブルーチンや関数を検索して、該当するものを発見した段階でこれらを呼び出します。該当するものが存在しないと、実行時エラーが発生します。

ここでの例では、Listener-Interface は下記のメソッドを利用しています。

ここでの例では、プレフィックスをContListener_としています。このため下記のサブルーチン群をBasicに実装しておく必要があります。

Listenerの種類ごとに、イベント情報を格納するイベント構造型が存在します。Listenerメソッドが呼び出されると、このイベントのインスタンスがメソッドにパラメーターとして渡されます。BasicのListenerメソッドは、該当するパラメーターがSub宣言部で渡される限り、これらのイベントオブジェクトを呼び出すこともできます。たとえば、


Sub ContListener_disposing( oEvent )
    MsgBox "disposing"
    MsgBox oEvent.Dbg_Properties
End Sub
 
Sub ContListener_elementInserted( oEvent )
    MsgBox "elementInserted"
    MsgBox oEvent.Dbg_Properties
End Sub
 
Sub ContListener_elementRemoved( oEvent )
    MsgBox "elementRemoved"
    MsgBox oEvent.Dbg_Properties
End Sub
 
Sub ContListener_elementReplaced( oEvent )
    MsgBox "elementReplaced"
    MsgBox oEvent.Dbg_Properties
End Sub

使用しないオブジェクトについては、イベントオブジェクトのパラメーターを省略できます。


'  disposing 用 Sub の最小構成
Sub ContListener_disposing
End Sub
警告マーク

Basicの実行時エラーを回避するため、Listenerメソッドは常に実装しておく必要があります。


ご支援をお願いします!