その他のコマンド

ここで一覧する関数およびステートメントは、特定のカテゴリに分類されていないものです。

Beep Statement

コンピューターのスピーカーを使ってビープ音を鳴らします。どのような音が再生されるかはシステムの設定により決まり、ボリュームやピッチの指定なども行えません。

Shell Function

他のアプリケーションを起動し、必要であれば表示ウィンドウのスタイル設定なども行います。

Wait Statement

プログラムの実行に割り込みをかけ、ミリ秒単位の指定時間だけ待機させます。

WaitUntil Statement

Interrupts the program execution until the time specified.

GetSystemTicks Function

オペレーティングシステムから現在の実行時間 (チック数) を取得して返します。この関数は、プロセスの最適化をする際などに利用できます。

GetPathSeparator Function

Returns the operating system-dependent directory separator used to specify file paths.

Environ Function

環境変数の値を取得して、文字列として返します。どのような環境変数が存在するかは、使用するオペレーティングシステムに依存します。

GetSolarVersion Function

現行バージョンの LibreOffice について、そのインターナルナンバーを返します。

GetGuiType Function

グラフィカルユーザーインタフェースの種類を示す数値を返します。

TwipsPerPixelX Function

ピクセルの幅を示す twip 数を返します。

TwipsPerPixelY Function

ピクセルの高さを示す twip 数を返します。

GlobalScope specifier

To manage personal or shared library containers (LibreOffice Macros or My Macros) from within a document, use the GlobalScope specifier.

ご支援をお願いします!