TypeName Function; VarType Function

与えられた変数のデータ型を示す文字列 (TypeName) および数値 (VarType) を返します。

構文:


TypeName (Variable) / VarType (Variable)

戻り値:

String; Integer

パラメーター:

Variable: データ型を判定する変数。ここで扱えるのは、下記の値です。

キーワード

Named constant

VarType

変数型

Boolean

11

ブール型変数

Byte

17

Byte variable

Date

V_DATE

7

日付変数

Currency

V_CURRENCY

6

Currency variable

Double

V_DOUBLE

5

倍精度型の浮動小数点変数

Integer

V_INTEGER

2

整数変数

Long

V_LONG

3

ロング整数変数

Object

9

オブジェクト変数

Single

V_SINGLE

4

単精度型の浮動小数点変数

String

V_STRING

8

文字列変数

Variant

12

バリアント型変数 (すべてのデータ型を代入できる変数)

Empty

V_EMPTY

0

初期化前の変数に代入される値

Null

V_NULL

1

有効なデータが格納されていないことを示す値


Error codes:

5 無効なプロシージャー呼び出しです

例:


Sub ExampleType
Dim iVar As Integer
Dim sVar As String
Dim siVar As Single
Dim dVar As Double
Dim bVar As Boolean
Dim lVar As Long
Dim cVar as Currency
Dim tVar as Date
 MsgBox TypeName(iVar) & " " & VarType(iVar) & Chr(13) &_
 TypeName(sVar) & " " & VarType(sVar) & Chr(13) &_
 TypeName(siVar) & " " & VarType(siVar) & Chr(13) &_
 TypeName(dVar) & " " & VarType(dVar) & Chr(13) &_
 TypeName(bVar) & " " & VarType(bVar) & Chr(13) &_
 TypeName(cVar) & " " & VarType(cVar) & Chr(13) &_
 TypeName(tVar) & " " & VarType(tVar) & Chr(13) &_
 TypeName(lVar) & " " & VarType(lVar),0,"Some types in LibreOffice Basic"
End Sub

ご支援をお願いします!