Declare Statement

LibreOffice Basic から実行する DLL ファイル内のサブルーチンの宣言と定義を行います。

次も参照してください:FreeLibrary

構文:


Declare {Sub | Function} Name Lib "Libname" [Alias "Aliasname"] [Parameter] [As Type]

パラメーター:

Name: LibreOffice Basic からサブルーチンを呼び出すための DLL 内の定義名とは異なる名前。

Aliasname:サブルーチンの DLL 内の定義名。

Libname: DLL のファイルないしシステム名このライブラリは、関数の初回使用時に自動的に読み込まれます。

Argumentlist: 呼び出し時にプロシージャーに渡される引数を示すパラメーターのリストパラメータの種類と数は、実行するプロシージャーに依存します。

Type: 関数プロシージャーにより返される値のデータ型を指定します。名前の次に型宣言子を入力する場合、このパラメーターは省略できます。

警告マーク

パラメーターをサブルーチンに参照渡しでなく値渡しで与える場合、このパラメーターは ByVal キーワードで指定する必要があります。


例:


Declare Sub MyMessageBeep Lib "user32.dll" Alias "MessageBeep" ( Long )
Sub ExampleDeclare
Dim lValue As Long
    lValue = 5000
    MyMessageBeep( lValue )
    FreeLibrary("user32.dll" )
End Sub

ご支援をお願いします!