Error-Handling Functions

Use the following statements and functions to define the way LibreOffice Basic reacts to run-time errors.

LibreOffice Basic offers several methods to prevent the termination of a program when a run-time error occurs.

CVErr Function

文字列式または数式をサブタイプ「Error」のバリエーション式に変換します。

Erl Function

プログラム実行時にエラーの発生した行番号を返します。

Err Function

プログラム実行中に発生したエラー内容の特定に利用するエラーコードを返します。

Err Object [VBA]

Use VBA Err object to raise or handle runtime errors.

IsError Function

変数にエラー値が含まれているかどうかをテストします。

Error Function

Returns the error message that corresponds to a value or raises a given error context.

On Error GoTo ... Resume Statement

エラー発生時のエラーハンドリング用ルーチンおよび、プログラムの実行再開を指定します。

Resume Statement

Resets error information and indicates what to execute next.

ご支援をお願いします!